ソリューション

エンドユーザーエクスペリエンス

従業員のユーザーエクスペリエンスと生産性を向上

チャレンジ

今日の従業員の働き方は多様化しており、様々なインターフェイスとロケーションをから企業データにアクセスします。全ては、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えます。情報システム部門は、その膨大な数のテクノロジーとビジネスの過程を、従業員がどのように利用しているのかを把握するためには、詳細な情報をまとめるための統合データが必要不可欠です。

ユーザーエクスペリエンスを可視化して快適な業務環境を確保

デジタルワークプレイスの管理は、いつも最も困難なITタスクの1つです。これまでITリソースとサービスパフォーマンスの可視化レベルが低いとされていました。今日では、「as a Service」および「Evergreen IT」モデルによりその可視化が強化されてきています。 SysTrackは、エンドユーザーエクスペリエンスに影響を与えるすべての要因を監視し、そのデータを分析、エンドユーザーコンピューティング環境をリアルタイムに状態を正確に把握します。 このソリューションは、エンドユーザーエクスペリエンスをインテリジェントに計算し数値化/スコア化します。そのスコアが基準を満たしていることを確認するために必要なデータを提供します。 そうすることによって、SysTrackは高品質なデジタルワークプレイスの構築および運用をサポートするために必要な実用的なインテリジェンスを提供します。

SysTrackを使用してユーザーエクスペリエンスを定量化

特定のITリソースの問題で生産的を損なわれた労働時間を把握

ITパフォーマンスとデータの利用状況をリアルタイムおよび過去に遡って分析

生産性に影響を与えるITリソースを可視化及び診断して解決

SysTrackセンサーを使用して、ユーザーエクスペリエンスを監視しすることで傾向を把握、問題を自動的に修復

どのITリソースが最もユーザーエクスペリエンスに影響を与えているかを発見、診断そして修復します

ペルソナの管理

エンドユーザーコンピューティングを担当するITリーダーは、コストを抑えながら、特定のユーザーに適したツールセットを提供するという課題に直面しています。 SysTrackのペルソナフレームワークは、ワークスタイルに基づいてユーザーをセグメント化し継続的にモニタリングします。

White Paper
Using SysTrack to Automate the Development and Management of Enterprise Personas(英語)

プロアクティブなサポート

今日の情報システム部門が求められる要素は、従業員が仕事を続けられるようにすることだけではありません。従業員を満足させ、生産的に業務ができる状態を作り出すことも求められる要素です。SysTrackは、サービスデスクへのリクエストとユーザーエクスペリエンスのスコアを連動させます。これにより特定の基準値を越えた時の優先的な警告の設定などを行うことで従業員が問題に直面する前に、事前に問題を特定し解決させることが可能になります。

ステップ 1

ユーザーエクスペリエンスが低下

ステップ 2

SysTrack が警告で知らせる

ステップ 3

警告を分析

ステップ 4

IT が問題を解決し、
SysTrackがITの処置を繰り返す

エンドユーザーエクスペリエンスのユースケース

今日のデジタルビジネス環境では、オフィスや自宅などあらゆる場所で働く従業員のサポートをするためには、すべての作業環境を網羅するエンドユーザーサービスが必要となってきています。

新しい働き方が通常化したいま、企業ネットワークの内外でデバイスをプロアクティブに管理することが求められています。また、ユーザー生産性の確保するためには、迅速なアプリケーションの展開が必要となってきています。

SysTrackは、オンラインとオフラインデバイスの両方を正確に監視する機能と、リモートワークのユースケース向けにカスタマイズされたツールを備えています。そのため、分散されたデジタルワークフォースのギャップを埋めるサポートも可能です。

SysTrackをはじめませんか?