デザイナーやゲーム利用者だけが高度なグラフィック機能を必要とする時代は過ぎ去りました。新しいテクノロジーやソフトウェアは、高度なグラフィックスを多用しており、仮想化環境におけるグラフィックニーズを把握するのが困難になりつつあります。実際にNVIDIAは、業務で高度なグラフィックスを活用しているユーザーは約7.25億人にものぼるとしています。

Lakeside は、NVIDIAとの提携において、NVIDIA GRIDおよびNVIDIA仮想化プラットフォームに向けてSysTrack Desktop Assessmentを無償で提供しています。このクラウドベースのアセスメントを利用することで、自社IT環境に関する情報を集めて、利用量やニーズなどを的確に把握してGPUハードウェアとソフトウェアの推奨を行います。

動作説明

SysTrack Desktop Assessment for NVIDIA GRIDは、無償で提供されるクラウドベースのソリューションです。ユーザーのエンドポイントに設置したエージェントが、詳細な情報を取得して、利用状況や行動を詳細に分析します。その結果をもとにグラフィックを要するデスクトップ環境を、どのように仮想化環境に移行するのかを的確に推奨します。

お客様が得られるもの

SysTrack Desktop Assessmentは、NVIDIA GRIDを企画、サイジング、展開するために役立つレポートを提供します。

主なレポート内容:

  • ソフトウェアの利用状況
  • グラフィック中心のアプリケーションに関する報告
  • CPUの潜在的消費量
  • システム設定情報
  • Windows 10への移行に関するレポート
  • バージョン情報を含むソフトウェア設定状況
  • ワークロードの状況
  • ユーザーエクスペリエンスの現状報告

正確な情報を得るためにNVIDIAアセスメントをお試しください

SysTrackをはじめませんか?