VMwareアセスメント

VMware製品の導入を行う前に、最初に行うべきは従業員のニーズの理解です。従業員はどのようなアプリケーションを、どれくらいの頻度利用して、日々の業務を実施しているのかなど、従業員の働き方を可視化することで、最適化されたシステムの導入を行うことができます。

Lakesideは、VMwareと提携して、SysTrack Desktop Assessmentを提供します。このSysTrack Desktop Assessmentは、無償で提供されるクラウドベースのアプリケーションです。企業は、このツールを利用することでVMwareソリューションの計画から最適化、展開にいたるまでの詳細な情報を入手することが可能になります。

動作説明

SysTrack Desktop Assessmentは、企業内に配置されたハードウェアとソフトウェアとその設定に関する詳しい情報を自動で収集し、従業員がどのように既存のIT環境を利用して業務を行なっているのかを詳細に把握します。従業員の実際のソフトウェア利用状況やWebサイト、ネットワークの利用状態を把握することで、必要かつ正確なソリューションの検討にお役立ていただけます。これにより従業員のニーズを満たし満足度を高めることが可能になるのです。

お客様が得られるもの

SysTrack Desktop Assessmentは、VMware環境の導入を企画、サイジング、展開するために役立つレポートを提供します。

さらに、最適な推奨構成の提案やHorizonツールの最適な利用が可能になります。

主なレポート内容:

  • Windows 10導入準備の状態
  • ユーザー行動
  • ワークロードの状態
    • CPU (MIPS)
    • メモリ
    • ネットワーク
    • I/O
  • バージョン情報を含む配備されたソフトウェア
  • ソフトウェアのユーザー利用状態
  • Webサイトの使用量
  • ユーザーエクスペリエンスの状態

正確な情報を得るためにアセスメントをお試しください

SysTrackをはじめませんか?