事業の規模や領域が拡大すると、それに伴い自社のシステムも大きくなるため、人員を増やし強化を図る企業は少なくありません。しかし、企業によってはシステム運用と保守の違いをきちんと理解できておらず、非効率な運営を行っているケースもあります。本記事では、システム運用と保守の違いや、それぞれの具体的な業務内容などを解説します。

システム運用とシステム保守の違い

システム運用とは、システムの機能を継続的に発揮できるよう、日常的な維持管理を行うことです。正常に機能しているか、問題が発生しそうな予兆はないかなどをチェックします。一方の保守は、システムへのトラブル対応や更新などが主な業務です。

システム運用と保守は別物ですが、境界線は曖昧です。事実、企業によっては運用と保守の業務を同じ部署、担当者が担っているケースも見受けられます。では、運用と保守の業務を混同したままでよいかというと、決してそうとは言えません。
それぞれの業務を明確にすれば、企業はさまざまなメリットを得られます。運用と保守では求められるスキルが異なるため、業務を明確に分けることにより、適した人材を確保しやすくなるでしょう。また、運用業務・保守業務へ、担当社員たちはそれぞれ集中できるため、各業務効・品質の向上も期待されます。

システム運用の仕事内容

システムが正常に作動しているかを監視し、必要に応じて保守へ連絡するのが運用担当者の業務です。ほかにも、データのバックアップやソフトウェアのバージョン管理なども業務に含まれます。詳しく見ていきましょう。

データのバックアップ

運用担当者が担う業務のひとつに、データのバックアップが挙げられます。これは優先度の高い業務に位置付けられます。データ消失・破損は、ビジネスに大きな影響を与えてしまうからです。
例えば、データの消失や破損が生じ、システムが停止してしまうと、サービスそのものを提供できなくなる恐れがあります。お客様に多大な迷惑をかけてしまい、機会損失のみならず企業としての信頼が大幅に低下してしまうかもしれません。

データのバックアップには、大きく「オンラインバックアップ」と「オフラインバックアップ」の2つがあります。前者は、システムを通常通り稼働させたまま行われ、後者は一時的にシステムを停止して行います。オフラインバックアップは一時的にシステムを停止させるため、お客様が利用しないタイミングを狙って実行されることがほとんどです。

ソフトウェアやOSバージョン管理

ソフトウェアやOSのバージョンが古いままでは、付随するアプリケーションの動作に影響をおよぼす恐れがあります。また、ソフトウェアやOSを変更したときも同様に、アプリケーションに影響を与える可能性があるため、互換性やセキュリティリスクなどをチェックしなくてはなりません。

実務においては、構成管理と呼ばれる業務に組み込まれます。適切に構成管理を行うことにより、常に最新情報をシステムに反映させるのです。構成管理では、ソフトウェアのバージョンやメーカー、アプリとの関連などを一元化して管理を行い、情報を保存します。バージョンアップを行っても、前の情報を残しているため、システムを復元しやすくなるメリットがあります。

システム保守の仕事内容

イレギュラーな事態が発生したときに活躍するのが、システム保守です。トラブル発生時の復旧作業にあたり、必要に応じてシステムの改善活動も行います。システム運用との具体的な業務内容の違いをきちんと把握しておきましょう。

トラブル発生時の復旧作業

システムは、さまざまな要因により不具合を生じるケースがあります。このようなとき、スムーズにシステムを回復させる技術を駆使するのが、システム保守担当者の役割です。

OSやソフトウェアがバージョンアップを行うことは多々ありますが、これが問題を引き起こすケースも少なくありません。バージョンアップによりバージョンが変わると、それまでと環境が変わってしまうため、未知の障害を引き起こすことがあるのです。

また、ハードウェアの劣化や外部からの攻撃など、システムが危険に晒されるケースは数多く考えられます。このような状況下において、いち早く不具合の原因を見つけ出し、適切な対策を施すのが保守の役目です。高度な専門技術に加え、判断力・決断力・柔軟な思考力も、担当者には求められます。

システムの改善活動

トラブル発生時だけが保守の出番ではありません。外部からシステムに関する指摘があったときも、保守担当者が対応します。例えば、お客様からシステムの使いにくさ、エラーなどを指摘されたとき、原因を探って具体的な改善策を講じることも、保守の仕事です。

また、トラブルが起きないよう日ごろから対策することも保守の務めです。ハードウェアやソフトウェアの更新を進め、なるべくトラブルが起きないよう予防策を講じます。

なお、システムの改善ではプログラムの変更や改修が必要になることがありますが、これは開発担当の業務です。プログラムが変われば、システムの設定も変わるため、開発担当としっかり連携しながら業務を遂行しなくてはなりません。

システム運用と保守の兼任は可能なのか

企業によっては、運用と保守ばかりか、開発業務までひとつの部署、1人の担当者が兼任するケースもあります。ただ、近年の中小企業においては、「開発」「運用・保守」の業務を明確に分けるケースが増えているようです。

システムの規模が小さいのなら、1人の担当者が兼任しても大きな問題はないと考えられます。むしろ、小規模なら担当者1人のほうがシステムの全容をしっかり把握できるため、業務効率は高まる可能性があります。

しかし、システムが大きくなると、兼任では担当者への負担が大きくなり、対処できることも限られてきます。もちろん、急なトラブルからのスピーディな復旧も、難しくなると考えられます。そのため、大きなシステムについては、各担当社員が分担・連携しつつ、業務効率向上を目指すほうが賢明です。このような「兼任か分業か」を考える場合は、自社システムの規模、そして担当者のスキルなどを考慮しつつ、判断しましょう。

まとめ

管理するシステムの規模が大きくなれば、システム運用や保守の重要性はさらに高まります。安定した運用へ向けての体制づくりはもちろん、トラブルが生じたときにスムーズな対応ができる仕組みも構築しなければなりません。

自社のシステムに本格的な運用リソース・体制が必要なら、レイクサイドソフトウェアのSysTrack導入を検討してみましょう。SysTrackには、強力な監視と分析機能があり、未知のITトラブルを未然に防止できます。ITリソースの可視化してくれるので、トータルでのコストダウンにも役立つソフトです。この機会に、導入を検討してみてはいかがでしょうか。