Citrix XenDesktopは、Citrix社が提供する仮想化環境を構成するための専用ソフトウェアです。仮想化には、サーバーの仮想化やストレージの仮想化、ネットワークの仮想化など様々な領域がありますが、XenDesktopはデスクトップ仮想化を構成するためのソフトウェアです。また、同じ「仮想化」のソフトウェアとして、Citrix XenAppという製品もあります。

今回はXenDesktopの基本と、XenAppとの違いについて解説します。

デスクトップ仮想化とは

ここでいうデスクトップとは、ユーザーが使用するクライアント端末のOSやアプリケーションの利用環境を指します。いわば業務環境そのものです。

では、このデスクトップを仮想化するというのは、どのようなことでしょうか?

先にいくつかの仮想化の例を挙げましたが、たとえばサーバー仮想化は、1つのハードウェア上に仮想化のソフトウェアをインストールし、その上に仮想マシンを複数構成して、1台の物理サーバーで複数のサーバーインスタンスを稼働させ、リソースの効率化を図ります。また、ストレージ仮想化は、複数のハードウェアが持つストレージを仮想的に統合して、1つの大きなストレージプールを構築し、同様にリソースと運用の効率化を図ります。これらは、仮想化技術を活用することで、物理的な構成と論理的な構成を分けることで全体のリソースの効率化と構成や運用の柔軟性を実現しようとするアプローチです。

これに対し、デスクトップ仮想化はやや異なる概念です。デスクトップ仮想化は本来端末が持つOSやアプリケーションといったデスクトップ環境を、サーバーに集約、実行し、その画面をネットワーク経由で遠隔操作する技術です。

この技術により、ユーザーはネットワークさえつながれば、どこからでもどのような端末からでも自分のデスクトップに接続して利用することができるとともに、画面だけを転送するためデータが端末に残らず、情報漏洩などのセキュリティ対策でもメリットがあります。

似た概念として「シンクライアント」という言葉がありますが、デスクトップ仮想化の環境ではローカルの端末にネットワークに接続する機能さえあればデスクトップを利用できるため、このような種類の端末を利用することもあります。
ただ、デスクトップ仮想化の環境ではシンクライアントを利用しないといけないわけではなく、通常のPCを利用してローカル環境と業務環境を切り離したり、Windows以外のタブレットデバイスを利用したりするなど、利用端末の選択肢は広く、状況に合わせたデバイスを選択できるのもメリットです。

管理者の観点からも、従来の物理的にも分散されたクライアントPCの環境を一元的に管理する必要がなくなるため、運用の柔軟性と管理の徹底を行いやすくなります。

XenDesktopの特長

ではデスクトップ仮想化の実現方法にはどのようなものがあるでしょうか。その実装の方式にはいくつかの種類があります。XenDesktopはVDI(Virtual Desktop Infrastructure)と呼ばれる方式を提供するソフトウェアです。サーバー上で稼働させている仮想インフラ上にWindowsのクライアントOS(Windows 10やWindows 7)の仮想マシンを構成し、そのデスクトップやアプリケーションの画面をシンクライアントに転送し、ユーザーはそれをネットワーク経由で利用します。それぞれのユーザーに1台の仮想マシンが割り当てられるため、ユーザーは自分のPCと同じような感覚で利用が可能です。

XenDesktop複数のコンポーネントから構成されており、下記に重要なものの概要を説明します。

Delivery Controller

Delivery Controllerはソフトウェアの中核となるコンポーネントです。サイト構成データベースに構成・設定情報を格納します。管理者はCitrix StudioおよびCitrix Directorという管理ツールを使用して、設定や運用管理を行います。

StoreFront

StoreFrontは仮想デスクトップや仮想アプリケーションにアクセスするためのゲートウェイになるコンポーネントです。ユーザーはStoreFrontポータルにアクセスして認証を受けると、自分に割り当てられた利用可能なデスクトップおよびアプリケーションの情報が提供され、ポータル画面に表示されたアイコンをクリックするだけでデスクトップやアプリケーションに接続できます。

Citrix Receiver

このコンポーネントは、接続する端末にインストールし、仮想デスクトップに接続するためのモジュールです。WindowsやMac OSあるいはiOSやAndroidなど、多様なOS用のReceiverが用意され、任意のデバイスから仮想デスクトップや仮想アプリケーションに接続することが可能になります。

Provisioning Services

仮想デスクトップを単一イメージから、大量展開できるツールです。ネットブートの仕組みを仮想マシンにも適用し、大規模な展開やマスターイメージ管理をシンプルにする、XenDesktopに特徴的な仕組みです。

HDX

Citrix社の最大の特徴ともいえるのが、このHDXです。仮想デスクトップの仕組みはネットワークへの依存性が非常に高いため、このパフォーマンスが非常に重要です。シトリックス社では、画面転送用の独自プロトコルであるICAを中心に、周辺機器の取り扱いや動画や音声など様々なコンテンツの通信のパフォーマンスを最適化するための機能の総称として、HDXと呼んでいます。

VDIの仕組みでは、実際にユーザーが利用する仮想マシンの配置先の選択も重要です。従来から仮想基盤として、Citrix XenServer, Microsoft Hyper-V, VMware vSphereなどが選択可能でしたが、現在はこれに加えてクラウド基盤であるMicrosoft Azure, AWS(Amazon Web Services), Google Cloud Platformなども選択可能で、より柔軟な構成が可能であることもXenDesktopの特徴です。

XenAppとの違いは

XenDesktopがデスクトップ仮想化実現するためのソフトウェアなのに対し、XenAppはアプリケーションを仮想化するためのソフトウェアです。(実際には、デスクトップ画面全体を配信することで、デスクトップ仮想化のような使い方も可能です)

その最大のポイントは構成方法です。XenDesktopがVDIという方式であったのに対し、XenAppはSBC(Server Based Computing)という方式です。これはWindows ServerのRDS(Remote Desktop Services)と同じ方法で、1台のサーバーに対して複数のユーザーが接続して利用する方法です。これにより、ハードウェアなどを1台のインスタンスを複数ユーザーで共有することができるため、VDIに比較してリソースの効率が非常に高くなります。

ただ、ユーザーから見ると複数ユーザーで同じOS環境を利用するため、自分だけのアプリケーションをインストールしたりできないため、定型的な業務を行うユーザーに向いた仕組みです。また、アプリケーション単体でも配信できるため、実際にはアプリケーション仮想化の用途で利用されることも多いです。

アプリケーションを仮想化することで、ユーザーは使用している端末やOSの種類にかかわらず、同じアプリケーションを使用できるのが特長です。デスクトップ仮想化では、いったん別のデスクトップに入ってからアプリケーションを利用するのに対し、アプリケーション仮想化では個々のアプリケーションを直接利用することができるため、ユーザーの操作はシンプルになります。

このようにXenDesktopとXenAppはその仕組みの違いと、仮想化する対象がデスクトップなのかアプリケーションなのかという違いがあります。これらはどちらが優れているかということではなく、目的に応じて選択したり、または組み合わせて利用したりすることも可能です。XenDesktopおよびXenAppの特徴は、両者が同じアーキテクチャで管理されるため、両方の実装を共存させてひとつの管理体系で運用することが可能であることです。

これはアーキテクチャだけではなく、ライセンスにも反映されており、XenDesktop, EnterpriseおよびPlatinumのライセンスでは、XenAppも利用可能です。

このように、XenDesktopとXenAppは排他的な関係ではなく、両方の特徴を生かして柔軟に活用が可能です。同時に、複数の構成が混在するため、監視などの運用管理などにはこれらに対応した仕組みも同時に検討することが必要でしょう。

XenDesktopやXenAppを最大限に活用するために

XenDesktopやXenAppは、情報セキュリティやテレワークの推進の観点でますますニーズが高まるであろうシステムです。しかしながら、先に述べたように、そのシステム的な構成要素は複雑であり、かつそのシステムの可用性やパフォーマンスが直接ユーザーの業務に影響を与えてしまうという性質を持ちます。そのため、これらの仕組みのメリットを最大限に享受するためには、導入時のアセスメントと運用時の体制が非常に重要になります。
SysTrackは、まずユーザーが利用しているデスクトップやアプリケーションのスペックなどを把握し、最適な設計をサポートします。また、運用時においてはサーバー、ネットワーク、ストレージなどの負荷を分析し、障害時の迅速な問題の切り分けと対応をサポートすることで、ユーザーの業務への影響を最小限にとどめます。

これからの時代に仮想化を

XenDesktopやXenAppを活用した仮想化の仕組みは、場所に依存しない働き方を安全に実現する手段としてますますニーズが高まると考えられます。同時に企業活動の重要なインフラにもなるため、運用管理はより一層重要になります。導入時のサイジングから運用時のトラブルシューティングにいたるまで、一元的に運用を支えるツールへの期待も高まっており、あわせて検討することでXenDesktopおよびXenAppの価値を最大化することが可能になるでしょう。

仮想デスクトップの導入から運用までトータルに支援「SysTrack」