VDI (Virtual Desktop Infrastructure)という言葉が浸透してかなりの時間が経過しましたが、ここでいまいちど正確な内容を確認してみましょう。
一般的にはデスクトップ仮想化と同義で使われる、いわば広義のVDIと、デスクトップ仮想化の実装形態を指す狭義のVDIがあります。ソリューションを提供しているベンダーは基本的に後者の使い方をしますので、その内容をおさらいします。

広義のVDI

デスクトップ仮想化は、通常はユーザーが利用するPCにインストールされているOSやアプリケーション、データをサーバー側に集約し、実行させる仕組みです。ユーザーは手元の端末からネットワーク経由でサーバーで実行しているデスクトップやアプリケーションに接続し、画面を手元に転送することで遠隔で利用するしくみです。
手元の端末にはアプリケーションやデータがないため、端末からの情報漏洩などを防ぐ仕組みとして金融機関や公共機関などで普及しました。現在はモバイルワークが当たり前になりつつあり、デバイスの紛失や盗難時にも情報漏洩を防ぐ目的で広い業種で普及しています。
また、管理者からも、物理的に分散している大量のPCの運用管理などをサーバー側に集約できるため、運用管理の効率化というメリットがあります。
現在では、働き方改革への取り組みとともにより多くの企業や組織で導入されています。
このデスクトップ仮想化を実現する代表的な仕組みがVDIであるため、デスクトップ仮想化と同義で使用されるケースがあります。

狭義のVDI

デスクトップ仮想化を実現するには、代表的な方式としてVDIとSBC(Server Based Computing)という2つがあります。まずそれぞれを説明します。

VDI

VDI方式は、サーバーに仮想化ソフトウェア(VMware vSphere, Microsoft Hyper-Vなど)をインストールし、その上でクライアントが利用する仮想マシンを実行します。1つのユーザーセッションに対して、1台の仮想マシンを割り当てます。このため、ユーザーは1台のPCを占有するのと同様の感覚で利用することができます。
半面、ユーザーの数だけ仮想マシンを用意する必要があるため、コストは相対的に高くなります。
Citrix XenDesktop、VMware Horizonなどが主な製品です。

SBC

SBC方式はVDIと異なり、1台のサーバーに複数ユーザーが接続して利用します。このサーバーは物理サーバーでも仮想マシンでもよく、Windows ServerのRDS(Remote Desktop Services)の機能を利用して、複数のユーザーが利用します。このため、ユーザーの環境は利用者間で基本的に共通のものとなり、ユーザー独自のアプリケーションをインストールするなどはできませんが、リソースの効率が良いため、コストは相対的に低くなります。
Citrix XenApp、Microsoft Remote Desktop Services (RDS)などが主な製品です。

VDIで解決できる課題とは

シンクライアントを実装するには様々な方式があり、VDIはその一部だということをここまで解説しました。肝心なのは、VDIによってどのような課題を解決できるかです。今では「導入していて当たり前」になリつつあるVDIは、何を解決してくれるのでしょうか?

ハードウェア資産を最大限活用する

企業には様々なハードウェア資産があります。しかし、多くの場合そのパフォーマンスを最大限に引き出せていません。たとえば企業が保有するサーバーは、9割以上がそのパフォーマンスを20%も引き出せていません。高い投資をしているにもかかわらず、ほとんど活用できていなのが現状が多々あります。

VDIは、専用のソフトウェアを用いてサーバーリソースを複数に分割します。物理的なリソースにとらわれないので、サーバーが持つ性能を最大限活用できます。こうするとで、相対的に投資対効果が高くなります。

管理をデータセンターに集約できる

クライアント管理はシステム管理者が頭を抱える原因の1つです。なぜなら、社内のいたるところに端末が分散しているため、それら全てを把握することと、1つひとつを個別に管理することが難しいからです。

一方のVDIは、すべてのクライアント環境をサーバー上に集約させるため、1つの管理画面ですべてのクライアントを管理できます。

アップデート対応やパッチ適用の漏れが無くなったり、サーバー上でユーザーの追加・削除が行るため、システム管理者の手間が圧倒的に減ります。

セキュリティを強化できる

情報漏えい事件が日夜報道される中、システムセキュリティに気を配る企業が続々と増えています。しかし、サイバー攻撃の玄関口にもなっているクライアントは、セキュリティ施行が難しい場所です。

クライアントの正しい使用はユーザー各人に依存しているため、中にはセキュリティ上危険な使用をするユーザーもいます。そうした中、VDIでデスクトップ環境をサーバーに移行すると、システム管理者がクライアント使用を全体的に管理できるため、セキュリティの強化につながります。

異なる端末からアクセスできる

VDIを導入すると、クライアントのOSやアプリケーションはサーバー上で稼働するので、ユーザーは使用するデバイスを選びません。デスクで使用しいているクライアントも、社外持ち出し用の端末でも同じデスクトップ環境にアクセスできます。

アプリケーションパフォーマンスの向上

ネットワークを経由するということで、VDIではクライアントのパフォーマンスが低下すると考えられています。確かにネットワーク特有の問題はあるものの、アプリケーションパフォーマンスを向上できるという利点も持ち合わせています。

VDIはサーバー増設で簡単にリソースを強化できるため、アプリケーションパフォーマンスの向上を容易に行えます。さらに、冗長構成もできるので、バックアップ作業が不要になるというメリットもあるのです。

VDIとSBCの使い分け

VDIとSBCはサーバー側の実装方法の違いであり、デスクトップ仮想化のメリットはどちらも同様に享受できます。
ではこれらはどのように使い分けをするのでしょうか。

一般的には、VDI方式はユーザーにとってもリッチな環境ですが相対的にコストがかかり、SBC方式はその逆となります。当然コストの面ではSBC方式にメリットがありますので、定型的な業務を行うユーザーなどではまずSBC方式で要件を満たせるかどうかを検討します。
ユーザーの業務内容や利用するアプリケーションの制約によりSBC方式では実装できない場合などにVDI方式を検討するという流れが多いようです。
SBC方式で利用が難しいアプリケーションとしては、Windows Serverでの動作がサポートされていない、マルチセッションに対応していない、3D CADなどのグラフィックリソースを必要とするなどのアプリケーションがその例となります。
したがって、同じ組織内でもVDIを利用するユーザーとSBCを利用するユーザーが併存していたり、一人のユーザーが両方を使用するということも珍しくありません。
それぞれの方式は排他的ではなく、共存することが可能です。
これらを適宜組わせることにより、費用対効果を最大にすることができるのです。

クラウドの活用

VDI方式はユーザーごとに仮想マシンを割り当てるため、ハードウェアを含めた初期投資が大きくなる傾向があります。このため、最近ではクラウドの活用も検討されています。
AWS EC2やMicrosoft AzureなどのIaaS上に仮想マシンを展開することにより、ハードウェアの初期投資を抑えるとともに、ユーザーの増減に柔軟に対応できたり、ユーザーの使い方の変化によるワークロードの変化にも対応しやすくなります。
展開先もクラウドやハイパーコンバージドなど多様化しており、VDI方式においてもより要件に合ったコストメリットの出る選択肢が増え、より多くの企業や組織で導入が進むでしょう。

設計と運用管理のポイント

このように多くのメリットがあるVDIには、各ベンダーから様々な製品が提供され、その機能やパフォーマンスは日進月歩です。しかし、VDIはユーザーの業務環境そのものであるため、その可用性やパフォーマンスは非常に重要です。
SysTrackは、多様なVDI製品に対応し、既存環境のアセスメントと導入時の適切な設計を支援するとともに、運用時のユーザーの利用状況やパフォーマンスなどを把握することにより、スムーズな運用を支援します。
また、すべてのデスクトップ環境が一気にVDIになることは一般的ではないため、物理PC環境とVDI環境を一元的に運用管理できるという要件も重要です。
これらのVDIの安定的な利用をサポートするための機能がそろっているSysTrackをあわせてご検討ください。

まとめ

VDIは本来デスクトップ仮想化の実装方式の1つを表す言葉でしたが、より広くデスクトップ仮想化を代表する言葉にもなりました。重要なことは、仮想化自体のメリットについて今一度ご検討いただくべき時代になったことと、これまで高価だと考えられがちであったVDIも様々な展開オプションの登場によって、導入のハードルが下がってきているということです。
そして導入に際しては、現在のユーザーの環境を正しく把握して設計を行い、また利用開始後も継続的にモニタリングしてより業務の生産性を高めるプラットフォームとして活用していただくことです。日々進化するVDIをぜひご検討ください。

仮想デスクトップの導入から運用までトータルに支援「SysTrack」