Windows 7のサポート期限終了がいよいよ目前(2020年1月14日)となり、急ピッチでWindows 10への移行を進めている企業も多いのではないでしょうか?マイクロソフトではWindows 10への移行がスムーズに進むように、多くの動作検証やアップグレードのためのドキュメントを公開していますが、移行で苦戦している企業はまだまだ多いと思います。特にクライアントPCの移行となると、アップグレード時のトラブルが直接業務に影響する可能性もあるでしょう。

そこで今回は、Windows 7からWindows 10へ移行するにあたって注意すべき点や、準備についてご紹介します。

Windows 7からWindows 10への移行で変わること

まず、Windows 7からWindows 10へ移行することで何が変化するのか?
これを簡単にご説明します。

WaaS (Windows as a Service)

WaaSはWindows 10から採用されているOSサービスの新しいカタチであり、ネットワークを通じて最新機能やデザインのアップデート、セキュリティプログラムの更新などが継続的に提供されるというものです。従来のWindowsは新しいバージョンがリリースされると、サポート期間内にアップグレードするか、クライアントPCを買い替えるかのどちらかを選んでいましたが、Windows 10は実質的な最後のバージョンであり、Windows 10自身がどんどん進化することで「OSをアップグレードする」という概念が無くなります。 
※「WaaSって何?その概要から知っておきたいポイントまで」で、WaaSについて解説しています。

OS運用が変わる

Windows 10では数年に1回だったアップデートが年間2回のアップデートに変わり、SAC(Semi-Annual-Channel)と呼ばれる18ヵ月間のサポート期間が用意されています。この変化から、企業は少なくとも6ヵ月のサイクルで更新プログラムが現行のシステム環境にどのような影響を与えるかを検証する必要が生じます。ただし、アップデートはすべてネットワーク経由で実行されるため、クライアントPCをネットワークに接続してタイミングを見て、更新プログラムを実行するだけで完了します。

従来には無かった新機能

Windows 10にはAIアシスタントのCortana(コルタナ)や接続するディスプレイによってインターフェイスが自動的に変化するContinuum(コンティニューム)、あらゆるデバイスで同じアプリケーションが利用できるUWP-App(Universal Windows Platform – Application)など、従来には無かった新機能が多数あり、現在もアップデートによって新しい機能が備わっています。
ブログの「Windows 7からWindows 10へ移行すべき10の理由」で詳しくご紹介しています。

Windows 7からWindows 10へ移行する際に注意するポイント

Windows 7からWindows 10へ移行することで、企業やよりビジネスに特化したOS環境を手にすることが可能です。しかしながら、移行に際していくつかのポイントを押さえておかないと、思わぬトラブルによって移行がスムーズに進まないことがあります。
ここで注意点を明確にしていきましょう。

1. Windows 10への移行にかかる時間

Windows 7からWindows 10へ移行する際は、環境により数十分から数時間の移行時間がかかります。マイクロソフトでは最大で24時間の移行時間がかかることもあると警告しているため、業務に影響が起きない時間帯に移行するようアップグレード計画を事前に立てておきます。

2. Windows 10へ移行した際のデータの引継ぎ

Windows 7からWindows 10へ移行すると、ドキュメントに保存されている文書やピクチャの画像、あるいはデスクトップに設置しているデータもすべてWindows 10移行後も保持されます。デスクトップアイコンやブラウザのお気に入りなどの基本設定もそのままです。ただし、Windows 10の規定ブラウザはMicrosoft Edgeなので、Internet Explorerに登録していたお気に入りは引き継がれません。数あるデータの中には引き継がれないものもあるため、事前の確認を怠らないよう注意しましょう。

3. 十分なディスク容量があることを確認する

Windows 7からWindows 10への移行は最低でも10GBのストレージ空き領域が必要です。実用性を考慮すると16GB以上は必要になるでしょう。ストレージの空き領域を把握し、足りない場合はディスク増設や不要ファイルの削除、データ退避などを検討しましょう。

4. ウィルス対策ソフトを無効にするかアンインストールする

移行時の失敗原因として多いのが、ウィルス対策ソフトによるプログラムのブロックです。ウィルス対策ソフトは予期しないシステム構成の変更を、攻撃と検知してブロックしてしまうケースがあるため、移行前にウィルス対策ソフトを更新しておくか、それができなければ無効またはアンインストールにてトラブルを回避します。

5. すべてのバックグラウンド ソフトウェアを無効にする

バックグラウンドソフトウェアが作動している場合でも移行に失敗することがあります。可能ならば動作しているすべてのバックグラウンドを無効にし、スタートアッププログラムとして登録しているソフトウェアもいったん無効にしましょう。

6. 「重要な更新プログラム」のインストールを実行しない

Windows 7からWindows 10へ移行する際に「重要な更新プログラム」をインストールするかどうか問われる場合がありますが、移行と同時にインストールすると予期せぬトラブルで移行が終了しないことがあります。従って更新プログラムのインストールは「今は実行しない」を選択しましょう。

7. 周辺機器を接続しない

USBフラッシュメモリ、SDカード、プリンタ、スキャナ、Bluetoothマウスなどの周辺接続機器は必ず接続しないで移行を実行しましょう。ISOイメージでOSを更新する場合はインターネット接続の切断も忘れずに。

8. バックアップを忘れない

Windows 7からWindows 10への移行は、既存のデータや設定、使用しているプログラムのほとんどを保持したまま移行できます。しかしながら、予期せぬトラブルによってそれらを失ってしまう可能性もあるので、移行前に必ずバックアップを取っておきましょう。

9. Windows 10へ移行後の環境整備を行う

移行後、アプリケーションの多くは設定がそのまま引き継がれますが、移行後に環境が変わってしまうケースも想定できます。たとえばWindows 10には新しいアプリケーションがいくつか追加されていますが、以前の環境で設定されていたファイルの関連付けが変更されている可能性もあります。従って、必要に応じて環境整備を行いましょう。

Windows 7からWindows 10へ移行することで動作が重くなる?

Windows 10はWindows 7に比べてより高いシステム要件が要求されます。そのため、Windows 7が動作しているクライアントPCのほとんどはWindows 10のシステム要件をクリアしていますが、スペックによってはWindows 10へ移行することで動作が重くなることがあります。たとえば、Windows 10ではWindows 7に比べて以下のように、グラフィックリソースを多く消費します。

  • OSのグラフィック使用量:約1.5倍
  • Officeのグラフィック使用量:約12倍
  • Outlookのグラフィック使用量:約1.85倍
  • Skype for Businessのグラフィック使用量:約5倍

※SysTrack Communityデータより
※White Paper 「GPUアクセラレーションを活用したユーザーエクスペリエンスの向上」では、SysTrack Communityのデータを使ったWindows 7とWindows 10におけるグラフィック性能の違いを詳しく解説しています。

このため、現在のWindows 7の利用環境を詳細まで把握した上で、アップグレード可能なユーザーを特定することと、Windows 10移行後のパフォーマンスを継続的に監視する必要があります。Windows 10移行後も最高のパフォーマンスで日常業務をスムーズに遂行するために、今回解説した注意点を念頭に置き、Windows 7からWindows 10への移行を実行しましょう。

移行後に問題が発生する可能性を事前に知り対策を講じたい、そしてWindows 10の自動アップデートで問題発生が起きない安定運用のために、ぜひSysTrackの導入を検討ください。

ご参考資料
Solution Brief:Windows 7の社内状況の把握からWindows10へのアップグレード時の影響を把握し移行と運用をスムーズに
White Paper:Windows 10へのアップグレード:SysTrackを使用して移行を成功させる

あわせて読みたい:
Windows 10とWindows 7の運用、WaaSで何が変わるのか?
WaaSって何?その概要から知っておきたいポイントまで
Windows 7 サポート終了の準備はできていますか?Windows 10への迅速な移行方法をご紹介
Windows 10をVDI化する際の注意点
Windows 10へアップグレードする方法
Windows 7からWindows 10へ移行すべき10の理由
Windows 10 ProとWindows 10 Enterpriseの違いを解説