前回はダッシュボードの検索方法とよく使うダッシュボードに素早くアクセスする方法を説明しました。

そろそろ本題のダッシュボードの作り方を知りたいかもしれませんが、もう少しだけDashboardツールの使い方にお付き合いください。
今回はペイン表示の調整方法を説明します。

ダッシュボードの作成においては新たに配置したペインを希望のサイズに変更して希望の位置に配置することがよくあるため今回説明する操作には慣れておいてください。

ペインのサイズ変更と順序変更

ダッシュボードは複数のペイン(枠)で構成されていますが、各ペインの右側または下側の縁にマウスカーソルを合わせ、カーソルが両方向矢印になった状態でドラッグするとペインのサイズを変更することができます。
ペインのサイズはブラウザの解像度に応じて自動的に調整されるので、この操作はペインの相対サイズを調整している事になります。

上図のように調整を行うと下図の状態になります。
また、各ペインの上部のタイトル部分にマウスカーソルを合わせ、カーソルが四方向矢印になった状態でドラッグするとペインの順序を変更することができます。
ただし、ペインを任意の位置に配置できるわけではなく、自動的にペインが重なり合わないように調整されます。

もし下図のような表示になってしまった場合は左上のパイチャートのペインが下にはみ出している状態なので右上の表のペインと高さを揃えます。

これまでの調整を行うと下図の状態になります。

ペインの非表示と再表示

左上の歯車アイコンをクリックしてチェックマークアイコンをクリックすると特定のペインを非表示にしたり再表示したりできます。

左上に配置したパイチャートを非表示にした例を示します。
右上にあった表のペインが自動的に左詰めされて左上に表示されています。

ペイン表示の復元

ペインのサイズ、順序、非表示/再表示の変更を破棄して元の状態に戻したい場合は左上の歯車アイコンをクリックし丸矢印アイコンをクリックします。

ペイン表示の保存

ペインのサイズ、順序、非表示/再表示の変更はSysTrackの画面を表示しているユーザーアカウント毎に保存されるため次回表示時にも反映されますが、他のユーザーにも変更を反映したい場合は左上の歯車アイコンをクリックしフロッピーアイコンをクリックします。
また変更の保存を行うと、それ以降に丸矢印アイコンでペイン表示の復元を行ったときには保存された状態に復元されるようになります。

ダッシュボードをエクスポートするときは保存された状態がエクスポートされるので、ペインの調整をした後は変更を保存する癖をつけておきましょう。

まとめ

今回はペイン表示の調整方法を説明しました。
Dashboardツールの説明はここまでにして、次回からはいよいよダッシュボードを作っていきましょう。

あわせて読みたい: