Visualizer を触ってみよう Part 1(Enterprise – ダッシュボード)に続き、ここではSysTrack Visualizerの基本モジュールの1つである「Desktop」モジュールのダッシュボードについて紹介します。

Desktop モジュールはEnterpriseモジュール同様にIT環境全体のサマリー情報を分析するためのモジュールですが、エージェントが導入されたデスクトップOSのみを分析の対象としている点がEnterpriseモジュールと異なります。 Desktopモジュールではデータをユーザー、システムそしてアプリケーションのレベルまでドリルダウンし、より詳細な分析を行う事ができます。

目次

  1. Visualizerを触ってみよう Part 1 (Enterprise – ダッシュボード)
  2. Visualizerを触ってみよう Part 2 (Desktop – ダッシュボード)
  3. Visualizerを触ってみよう Part 3 (Enterprise - Observations)
  4. Visualizerを触ってみよう Part 4 (Desktop – Observations)

Desktopモジュールのナビゲーション

Desktopモジュールの分析メニューはPart-1のEnterprise同様に「Dashboard」、「Observations」、「Analysis」、「Reporting」の4つのペインで構成されます。 また、Desktopモジュールでは、グループ フィルターを利用し、複数のデスクトップのデータを選択したグループ単位で集計、分析することができます。 例えばシステムの種類(物理、仮想、リモートユーザー)や組織(事業部、部署)といった形で予めグループを作成しておき、分析の際にグループ フィルタを適用する事で、物理PCのデータと、仮想PCの性能比較や、部署間のシステム性能や、アプリケーションの利用傾向を比較するといった作業を効率よく行う事ができます。ピングし、特定のグループに絞り込んだ分析を行う事ができます。(図-1)
※各ペインの概要についてはPart-1の説明をご参照ください。

図-1:グループ フィルタでデータを絞り込む

Desktop ダッシュボード

Desktopダッシュボードでは、システム全体もしくは、任意のグループに含まれるデスクトップに関するサマリー情報を1画面に表示される様々なペインを通じて確認できます。(図―2) 以下Desktop ダッシュボードを構成する各ペインについてご説明します。

図-2 : Visualizer – Desktopのダッシュボード画面

(1) Health Statusペイン

Health Statusペインでは選択したグループに含まれる各デスクトップ、毎にユーザーのヘルススコアを算出し、各ヘルスステータス(Excellent, Good, Fair、Poor)毎に分類し、各ステータスに占めるデスクトップの割合を示しています。 これを見る事でグループ毎、もしくはIT基盤全体のデスクトップの健全性を把握する事ができます。(図-3)

図-3:選択したグループ中Fairステータスのデスクトップが5台あった事を示す

チャートの各ステータスを直接ダブルクリックすることで、詳細分析画面にドリルダウンし、各ステータスに含まれる個々のコンピュータ名、アクティブにシステムを使っていた時間、生産性低下の要因、その要因により業務が滞ってしまった時間、そして何の問題も無く業務が行えていた時間等の詳細情報を分析することができます。SysTrackのヘルススコアの算出根拠、見方については「ユーザーエクスペリエンスをどのように分析するか」のブログ記事で詳細をご確認いただけます。

(2) Summaryペイン

システム全体、もしくは選択したグループに関して、デスクトップを使用したユーザー数、導入済みパッケージ数、アプリケーション数、アプリケーションの平均起動時間、デスクトップの合計数を表示します。 さらにマトリクス内の各数値をダブルクリックし、一連の操作で詳細データを分析します。

図-4 :サマリーデータ
図-5:パッケージ数の値をダブルクリックして、パッケージに関する詳細ビューにドリルダウン

(3) Concurrent Usersペイン

Part-1と同じ内容ですが、グループ毎に同時接続ユーザー数のピーク値やシステムの利用傾向を把握し、ピークに合わせた適切なシステムリソースを割り当ての判断材料とします。

(4) Top Software Packages by User Countペイン

Top Software Packages by User Count ペインは、システム全体もしくは選択したグループに導入されたソフトウェアパッケージを実際に利用するユーザー数の多い順に表示します。パッケージ名の下に赤いが表示されているものについては、例えばOSの一部であるデバイスドライバを必要とするため、に、誤動作がインフラ全体の動作に影響をおよぼす可能性があるアプリケーションや、特定のブラウザに統合されたアドインに依存するアプリケーションなど、仮想化移行時には注意が必要なソフトウェアであることを示しています。 このデータは、仮想環境に移行するソフトウェアパッケージの絞り込みや、そのままでは移行が難しく改修が必要なものを早期に洗い出すなどのヒントを提示します。

図-6:ソフトウェアパッケージと利用ユーザー数

(5) User Resourceペイン

User Resource ペインは、システム全体もしくは選択したグループ内のデスクトップを使用するユーザーによるメモリーおよびCPUリソース消費を分散図で示し、平均より多くのリソースを使っているユーザーを特定できます。(図-7、図-8)
SysTrackが提供する他の分析レポートと照らし合わせ、業務アプリの特性や過去のリソース消費傾向の分析結果から、そのユーザーのリソース消費が妥当であると判断した場合は、ユーザーの業務生産性を考慮し、システムリソース増強を検討するなどのアクションにつなげます。

図-7:ユーザーリソース・フットプリント
図-8: ユーザーリソース・詳細

次回は、DesktopのObservationで使用する各データセットの見方について解説を行います。

参考情報

ユーザーガイド(英語)
SysTrack Visualizers User Guide

デモサイト
SysTrack Demo アカウントリクエストページ
VMware Desktop Assessment
SysTrack Cloud Edition For Citrix
SysTrack Cloud Edition For NVIDIA

Lakeside Portal
オンライントレーニング(英語)
SysTrack Visualizer - Enterprise and Desktop Modules (v8.3)

Webinar(録画版)
SysTrack Visualizer (v8.3)