Withコロナ・Afterコロナ時代ではテレワークが常態化し、多くの企業がニューノーマルなビジネススタイルを確立することになります。高度なITの活用が必須になるだけでなく、人事面など業務においても成果主義へと転換するなど会社運営の制度にも影響を与えています。

テレワークは一部で大きな効果をもたらします。社員は出勤の煩わしさから解放され、1日のうちより多くの時間を家族との団欒や趣味へと時間を費やせるでしょう。また、オフィスでは当たり前とされていた雑談や必要性の低い会議が無くなることで、個人の生産性が向上する効果も確認されています。

一方でリスクも隠しきれません。特に「労務管理」はテレワークにおいて非常に重要で、時間外労働が厳格化された現代日本において社員の労働時間把握は喫緊の課題です。これから加速していくテレワークを通じて、その価値を最大化しながらリスクを最小限に止めるためにはどうすれば良いのでしょうか?本記事で紹介するのは、テレワークが抱える課題とそれを解決するための可視化ツールについてご紹介します。

テレワーク実践企業が優先的に取り組むべき課題

内閣府が2020年6月21日に発表した「新型コロナウイルス感染症の環境下における生活意識と行動変化に関する調査結果」によれば、全国のテレワーク実施率は34.6%となります。このうちテレワーク継続を希望しているビジネスパーソンは80%を超え、世論的にテレワークの有効性へ大きく傾いているものと考えられています。企業は社員のそうした声に耳を傾け、より良いテレワーク環境の構築に努める必要があります。そして、テレワークを実践する企業では、優先的に取り組むべき課題がいくつかあることも事実です。

課題 1. 勤務実態を正確に把握すること

大企業では2019年より、中小企業では2020年より「時間外労働の上限規制」が施行されたことで、時間外労働規制が厳格化されています。また、すべての企業は社員の労働時間について客観的把握が求められています。

最近では勤務実態把握のため、コンピューターのログオン/ログオフ情報を収集し勤怠管理システム上で情報をつき合わせて実際の労働時間を把握する取り組みが行われています。しかし、VDI(Virtual Desktop Infrastructure/仮想デスクトップ基盤)環境等では判断できない部分が多いことから、実際の操作時間計測が必要になってきます。

課題 2. 業務内容のマネジメントをすること

社員がオフィスで肩を並べて仕事をしている時は、上司は1人1人に対して少しの時間を割くだけで業務内容のマネジメントが可能でした。また、同僚とのコミュニケーションもふとした瞬間に可能であったためプロジェクト進行におけるミスも少なかったと言えるでしょう。一方で、テレワーク環境では個々のコミュニケーションを取ることが難しくなるため、マネジメントも難しくなりまし、複数メンバーとの共同プロジェクトでも最新の注意が必要になります。

課題 3. 業務外利用など不正行為を防止すること

テレワークではオフィスと違って社員同士が互いに監視し合うことがありませんし、まして管理者の目も行き届かなくなります。これにより懸念されるのが、端末の業務外利用によって起こる情報漏洩などのリスクです。明らかな就業規則違反であっても遠隔なので把握することが難しく、故に不正が起きやすい状況を生んでしまいます。

課題 4. ITガバナンスやセキュリティ

課題 3とほぼ同様な課題としてセキュリティリスクが挙げられます。今までオフィス内であればガバナンスの効いたネットワークなどを使うことで一定のセキュリティ基準を担保できていました。しかし、テレワークになるとセキュリティ面において今までと同等とは限りません。

その課題、SysTrackが解決

テレワークとは本来、リモートビジネスを実現するためのシステムを慎重に検討し、何度かの実証実験を繰り返して問題点・改善点を炙り出しながら本格的な導入を目指す取り組みです。しかし、現在ではほとんどの企業がスピード重視の取り組みを進めており、故に上記のような課題を走りながら解決している現状があります。

このため、テレワーク実践企業の多くは急速に進む取り組みの中で、上記のような課題を解決するためのソリューションを検討しなければなりません。

この課題に対するソリューションとしてお勧めしたいのが、SysTrackの課題別日本語ダッシュボード「SysTrackスターターキット」の活用です。働き方の見える化ダッシュボードは、「いつ誰がどのアプリケーションを利用し、 どのWeb サイトにアクセスしたか」を可視化することが可能です。グループ全体とグループメンバーの IT 利用状況を確認するワークフローをご提供します。

SysTrackスターターキット「働き方の見える化」

働き方の見える化ダッシュボードでは、働き方を「5種類のグループ状況」と「2種類でのユーザー別状況」で確認ができます。
「5種類のグループ状況」での確認では、日ごとのIT利用時間の比較、ログイン/ログオフ時間の比較、アプリケーションごとのIT利用時間の比較、ヘルススコアの確認、Webサイトごとのアクセスの状況比較が可能です。
また、「2種類でのユーザー別状況」の確認では、アプリケーションの利用状況の詳細とWebページアクセス状況の詳細を把握することが可能です。

いかがでしょうか?SysTrackなら、緊急的に取り組んでテレワーク環境下においても労働時間の客観的把握、不正防止のための監視などのソリューションをスピーディに提供します。今後も継続的な実施が予想される場合は、まずは、30日間無償お試しSysTrackスターターキット「働き方の見える化」ダッシュボードで実際に何が見えるのかお試しください。

また、12月末までスターターキットをご利用いただきましたお客様限定で、スタータキットご利用後30日以内にご発注いただく事を前提に下記特別価格にてSysTrackをご提供しております。
参考定価225,000円(税抜き)を120,000円(税抜き)でご提供します。

あわせてご検討ください。