COVID-19感染拡大を受けて日本国内でテレワークが拡大する中で、これまで以上にVDI(Virtual Desktop Infrastructure/仮想デスクトップ基盤)に対するニーズが高まっています。VDIは従業員のデスクトップ環境をサーバーに集約することで、いつでもどこからでもデスクトップ環境にアクセスできる仕組みです。また、サーバー上で集約管理されているデスクトップ環境にリモートで接続することから、情報がクライアント環境に残らないため情報漏洩などのリスクを最小化できることも大きな特徴となっています。

このVDI環境を提供する老舗といえばシトリックス社です。仮想デスクトップ環境を実現可能なCitrix Virtual Desktopsやアプリケーション仮想化を実現するCitrix Virtual Appsなど仮想化のためのラインナップも豊富で、快適な仮想化環境の実現をサポートします。

本記事でご紹介するのは、そんなシトリックス社が提供するクラウドサービス「Citrix Cloud(シトリックス クラウド)」についてです。Citrix Cloudの概要やメリットなどをご紹介します。

Citrix Cloudとは何か?

Citrix Cloudとは「シトリックス 社が提供する仮想デスクトップや仮想アプリケーションなど豊富な製品群を統合的に管理するためのクラウドベースの管理システム」です。このCitrix Cloudは、Azureなど任意のパブリッククラウドやハイブリッドクラウド環境で利用でき、これらを活用することで従来の管理を大幅に簡素化することが可能になります。

今まで仮想デスクトップ環境や仮想アプリケーション環境を構築する際には、サーバーやソフトウェアの導入など多くの時間やコストを必要としていました。また、運用面においてもリソースが足りない場合などはサーバーの増設など煩雑であることは想像の通りです。

Citrix Cloudを活用することで企業はシトリックス が提供する製品群をサービスとして導入することが可能になるため、クラウドのメリットを活用しながらシトリックス製品の管理を飛躍的に簡素化することが可能になります。

また、Citrix Cloudはあらゆるクラウドやハイブリッド環境で利用することが可能です。つまり、企業や組織は現代で考えられる環境においてシトリックス が提供する仮想デスクトップや仮想アプリケーション、コンテンツ、デバイス管理、ネットワークをサービスとして活用することができます。さらに、Citrix Cloudでは、Citrix製品に必要なコントロールプレーンはクラウド提供されることに対して、利用するユーザー環境自身はオンプレミスでも他のクラウド環境でも構築・利用することが可能となる特徴を有します。このような最適配置が可能な環境においても、管理者はCitrix Cloudが提供する単一の管理画面から容易に運用を行うことができるようになります。

Citrix Cloudとは何か?

Citrix Cloudのメリット

ここでは、企業や組織がCitrix Cloudを活用することでどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

メリット 1. 管理はシトリックス が行うため管理コストが低減

Citrix Cloud自身の基本的な管理はシトリックス が行います。また、ユーザー環境は統一的な管理画面から行うことが可能になるため従来の管理の複雑さは圧倒的に簡素化されます。具体的には、クラウドベースの管理コンソールによってハードウェアやソフトウェアの調達、設計、構築、管理など煩雑な作業から解放されます。

メリット 2. 素早いサービスの立ち上げ

Citrix Cloudではクラウドの特性を生かし、非常に高速に展開されるサービスの立ち上げによって柔軟なシステム展開を可能にします。また、あらかじめ用意された環境に基づきワークスペースを確保できるため、導入時間の短縮も実現します。

メリット 3. ニーズに応じたインフラの選択

Citrix Cloudはニーズに応じて様々な環境で利用することが可能です。社内データセンターはもちろんのこと、プライベートクラウドやパブリッククラウドなど、豊富なインフラが選択可能であるため経済性や性能・機能に応じた展開が可能です。

メリット 4. デジタルトランスフォーメーションの促進

検討・管理・運用といったいわゆる「守りのIT」から解放されることで、デジタルトランスフォーメーションに向けて「攻めのIT」へとシフトできるのもメリットです。先進的な仮想化技術などによってデジタルワークスペースを実現することで、非接触型ビジネスの促進にもつながります。

AzureにおけるCitrix Virtual DesktopsとCitrix Virtual Apps

シトリックスは、長年にわたりマイクロソフト社と強力なパートナーシップを結んでいます。そのため両社のテクノロジーをあわせたサービスが展開されています。例えば、Citrix CloudをAzureで活用すればワークロードのプロビジョニングや配信を簡単に行えるだけでなく、パブリッククラウドにおいてCitrix Virtual Apps Essentials、Citrix Virtual Desktops EssentialsをAzure Marketplace経由で契約することも可能です。

また、マイクロソフト社が提供するDaaSであるWindows Virtual Destop(WVD)とCitrix Cloudを組み合わせることも可能です。企業はWVDとCitrix Cloudを組み合わせることでWVDが提供するマネジメントコンポーネントを利用せずにCitrix Cloudで管理することができます。これにより直感的なGUIコンソールを用いた管理の簡素化、セキュリティ強化、ネットワーク帯域の有効活用など多くのメリットがあります。

Citrix Virtual DesktopとCitrix Virtual Appsのためのユーザー分析ソリューション

Lakeside Softwareが提供するワークスペース アナリティクス プラットフォームのSysTrackは、既存のCitrix環境の評価、Citrix Virtual DesktopsとCitrix Virtual Appsへの拡張やマイグレーション、仮想化環境全体のモニタリング、運用管理に至るまでの包括的な分析とインサイトを提供する製品です。

SysTrackが提供するアセスメントを利用してCitrix Virtual DesktopとCitrix Virtual Appsを導入することで、最適なサイジングとリソースの分配が可能になります。また、Citrix Virtual DesktopsとCitrix Virtual Apps導入後はアプリケーションレベルの利用状況まで分析可能なモニタリングと1分おきに13項目を評価して計測される定量化されるユーザーエクスペリエンスの分析エンジンを通じてユーザーパフォーマンスを監視することで、VDI環境にありがちな困難な問題の特定と切り分けを瞬時に行い、ユーザーが常に満足するパフォーマンスの維持に大いに貢献します。

今後、Citrix Virtual DesktopとCitrix Virtual Appsの導入、並びにCitrix Cloudの利用を検討されている場合は、SysTrackを活用することでアセスメントの工数の短縮、導入後のパフォーマンス分析と管理をサポートします。
現在30日間無料のトライアルも実施中ですので、お気軽にお試しいただけます。

関連資料: