今、多くの企業がデジタル トランスフォーメーション(DX)に取り組んでいます。デジタル技術が進化するにつれて、革新的な商品やサービスが次々に登場し、私たちの生活をより豊かにしています。そしてビジネスシーンに目を向けると、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の発展に伴い、これまでの常識や枠組みを根底から覆すような新しいビジネスが生まれています。

人類の歴史の中で起きた第一次産業革命/第二次産業革命は教科書の中でしか知ることのできなかった事実に過ぎませんでした。しかし今、私たちはデジタル トランスフォーメーションという新たな産業革命に直面しています。

本稿では、ビジネスにかかわる方でもそうでない方でも、デジタルトランスフォーメーションとは何なのか?を知り、時代の波に乗り遅れないための準備をしていただくことを目的としています。

デジタル トランスフォーメーションとは?

この言葉が最初に提唱されたのは2004年のことです。スウェーデンにあるウメオ大学で教授を務めているエリック ストルターマン氏が、「進化し続けるテクノロジーが人々の生活を豊かにしていく」という概念を伝えています。つまり、あらゆる場所でデジタル技術を用いた「変革」が起きると考えたのです。

この概念は、今まさに現実のものになっています。ここ数年でAIやIoTといったデジタル技術は急激に成長し、私生活はもちろんビジネス上の利便性・効率性を高めています。スマートフォンに話しかければ欲しい回答がすぐに返ってきますし、身に着けるだけで生体データを記録し続けてくれるウェアラブルデバイスだってあります。

ビジネスシーンでは、消費者同士をつなぐ巨大なネットワークによって展開する新しいビジネスが続々と生まれ、デジタルコンテンツを活用したマーケティング活動により、中小企業が大企業の市場シェアを奪取していくなどの光景もよく見られます。また、予想もしなかったディスラプティブ※な製品やサービスが突如として市場に登場し、その企業がユニコーン企業になることもあります。
(ディスラクティブ:破壊的技術、破壊的革新、破壊的変革とも言われています)

ちなみに、デジタル トランスフォーメーションは直訳すれば「デジタル変換」を意味しますが、変換ではなく「変革」と訳すのが妥当であり、そう浸透しています。さらに付け加えると、デジタル トランスフォーメーションとは単なる変革ではなく、「デジタル技術を用いた破壊的変革」を意味します。これを「デジタル ディスラプション」と呼び、今まで私たちが築き上げてきた価値観や常識、社会の枠組みを根底から覆すような、革新的なイノベーションを意味するのです。

ビジネスにとってのデジタル トランスフォーメーション

ここまでの解説は、あくまで言葉としてのデジタル トランスフォーメーションについて述べたものです。実は、ビジネスにおけるデジタル トランスフォーメーションとは、意味合いが少し異なります。さらに、国や業界によっても定義が異なることがあるので、「一概にこうだ!」とは言えない現状があります。

では、日本社会のビジネスにとってデジタル トランスフォーメーションとはどのような存在なのか?その答えを、経済産業省が提示しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

この定義は、経済産業省が2018年12月に発表した『デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX 推進ガイドライン)』にて明記されています。

この定義が示しているのは、デジタル トランスフォーメーションはデジタル技術がもたらす変革という現象を単に指しているのではなく、その変革を積極的に取り入れ、顧客/社会のニーズに合わせて製品/サービス/ビジネスモデルを変革し、業務/組織/企業文化/風土までを変革させ、競合他社に対する優位性を確保することを意味します。

要するに、「デジタル トランスフォーメーションの一般的定義を、ビジネスへ具体的に落とし込んだものこそ、企業が取り組むべきデジタル トランスフォーメーション」ということになります。

デジタル トランスフォーメーションを構成する要素

デジタル トランスフォーメーションには、「こうでなくてはいけない要素」はありません。ただし、これまでの事例やデジタル技術の変革から、デジタル トランスフォーメーションを構成する要素は明らかになっています。それが「クラウドコンピューティング(クラウド)」「モバイルネットワーク」「ビッグデータアナリティクス」「AI/IoT」の4つです。

1. クラウドコンピューティング

これまで社内に構築していたシステム環境は、今ではインターネット上に構築することが当たり前になっています。支えているのはクラウドコンピューティング技術であり、インフラのデジタル化だけでなく、巨大なデータの保存先や新しいサービスを提供するためのプラットフォームとして注目されています。

デジタル トランスフォーメーションとは切っても切れない関係性にあり、多くのデジタル変革がクラウドコンピューティングありきで成り立っています。

2. モバイルネットワーク

「1人に1台パソコン」の時代は過ぎ、「1人に1台スマートフォン」が当たり前になっています。モバイルが構成するネットワークはあまりに巨大/強大であり、ビジネスに多大な恩恵をもたらします。

組織の労働生産性を劇的に向上させることはもちろん、モバイルネットワークを利用した新しい商品やサービスも続々と登場しており、デジタル トランスフォーメーションの中核を成しているのは間違いありません。

3. ビッグデータアナリティクス

ビッグデータという言葉が生まれてから久しく、メディアで見かけることも少なくなりました。しかしそれは、ビッグデータが単なるバズワードとして流れていったのではなく、現代ビジネスにおけるデータとは得てして大量かつ多種多様なものであり、データといえばビッグデータを指すようになったからです。

そのため、ビッグデータを解析するための技術や方法論は今でもホットな話題であり、ビッグデータ解析をもとにデジタル トランスフォーメーションを実現した事例もたくさんあります。

4. AI/IoT

IT業界においてもっともホットなトレンドといえば、AIとIoTです。2つのデジタル技術は相互に補完しあう関係にあり、IoTで収集したデータをAIが解析/フィードバックして、IoTの利便性を高めます。さらに、IoTから収集されたデータを連続的に解析することで、AIの精度はより高まっていきます。今後も、AI/IoTはデジタルトランスフォーメーションの中心になっていきます。

いかがでしょうか?デジタル トランスフォーメーションを知れば、私生活をより豊かにし、ビジネスを躍進させ、新しい変革を生み出すことができます。この機会に、デジタル トランスフォーメーションの更なる理解を深めましょう。