テレワークの普及に伴い、仮想デスクトップ環境を構築するVDIの需要が高まっています。なかでも注目を集めているのが、Microsoft社が提供するDaaS型サービスの「Azure Virtual Desktop: AVD(旧名称: Windows Virtual Desktop)」です。本記事は「Azure Virtual Desktop」の概要について解説するとともに、クラウドVDIへの移行を支援する「Digital Workplace Planning」を紹介します。

Azure Virtual Desktop(AVD)とは

「Azure Virtual Desktop(以下AVD)」とは、クラウドプラットフォームのAzure上に仮想デスクトップ環境を構築するDaaS型のサービスです。DaaSとは「Desktop as a Service」の頭文字をとった略称で、クラウド環境に「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)」と呼ばれる仮想デスクトップ基盤を構築するサービス形態を指します。

VDIの需要が高まっている要因のひとつがテレワーク実施率の増加です。働き方改革関連法の施行や新型コロナウイルスの感染拡大といった社会的背景も相まって、テレワークを導入する企業が増加傾向にあります。しかし、テレワークは新しい時代に即した働き方として推進される一方で、オフィス外で業務に取り組むという性質上、セキュリティの脆弱性が懸念されます。そこで大きな注目を集めているのが、クライアント端末にデータが残らないVDI環境の構築です。

VDIはデスクトップがサーバー側に設置されており、クライアント端末には一切のデータが残らないため、情報漏洩リスクを最小限に抑えられます。そのため、テレワーク実施率の増加に比例して需要が高まっています。そして、VDI環境を構築するソリューションとして人気を博しているのが、Microsoft社の「AVD」です。AVDは導入費用や管理コストの削減、保守業務の負担軽減や強固なセキュリティ環境の構築といったメリットが期待できるため、テレワークを推進する企業で導入が進んでいます。

VDIはオンプレ→クラウドへ

近年、企業がシステムの導入・移行を検討する際に一般化しつつあるのが「クラウドファースト」です。そして、仮想デスクトップ基盤を構築するVDIの主流も、オンプレ型からクラウド型へと移行しています。なぜ、VDIの主流がオンプレ型からクラウド型へと移行しているのか、その背景について見ていきましょう。

VDI運用の難しさ

先述したように、クライアント端末に一切のデータが残らないVDIは、セキュリティ強化やデータ保護の観点から見て非常に優れたシステムです。自宅やカフェなどで業務に取り組むテレワーク環境では、さまざまなセキュリティリスクに晒されているため、VDIはテレワーク環境下において必須ともいえるシステムでしょう。しかし、VDI環境は多くのアクセスがサーバーに集中するため、トラフィックの増加に伴ってサーバー負荷も増大します。

VDIの正常な機能を担保できなければ作業品質や業務効率の低下につながるため、運用基盤となるサーバーやネットワーク機器には相応の性能が求められます。VDIを導入したものの、ITインフラのリソース不足によって安定的なレスポンスや通信速度を確保できず、業務利用に耐えなかったという事例も少なくありません。VDI環境の安定性を確保するためには、相応のITインフラを構築する必要があるため、システム運用における管理コストが大きな負担となります。

クラウドの台頭で簡素化が可能に

多くの企業でクラウドファーストが加速している理由のひとつが、システムの導入費用と管理コストを大幅に削減できる点です。特にAzureは初期費用が不要で従量課金制のため、自社の企業規模や事業戦略に沿ったプランを選択することで運用コストを最適化できます。また、Azureは物理的なサーバーやネットワーク機器が不要になり、インフラ部分はMicrosoft社が管理してくれる点も大きなメリットです。これにより、システム管理部門の業務負担軽減と人件費削減につながり、余った人的資源をコア業務に集中投入できます。

クラウド時代のVDIのポイント

クラウド環境にVDIを構築する上で重要なポイントは、企業規模や経営戦略に応じて必要なリソースだけを提供してくれるサービスを選択することです。同時使用数にあった従量課金と予約リソースのバランスに優れるサービスを選択することで、自社に最適化されたサイジングが可能になります。また、クラウドに適したモニタリング環境を構築し、ユーザーエクスペリエンスや業務プロセスを分析するといった機能も重要なポイントです。ユーザーの生産性やシステムの健全性を可視化することで、組織全体における業務効率化と生産性向上につながります。

クラウドVDI移行に向けた課題

クラウド環境への移行にはさまざまな課題や問題があります。たとえば、データ移行時におけるファイルの破損や損失、アプリケーション変換作業の不具合、システム移行の遅延による業務停止などは回避すべき重要な問題です。その他にも、セッション単位のリソース制限やワークロードの安定といったマルチセッションの課題、ディスクの性能や収容数の問題などが挙げられます。クラウド環境への移行は膨大かつ複雑な作業プロセスが含まれると同時に、さまざまなリスクが潜んでいるため、安全かつ確実な移行プランニングが求められます。

クラウドVDIへの移行にはDigital Workplace Planningが最適

AVDの導入やクラウドVDIへの移行を検討している企業におすすめしたいのが、Lakeside Software社が提供する「Digital Workplace Planning」です。「Digital Workplace Planning」は、ワークスペースアナリティクスの「SysTrack」を活用した仮想デスクトップの導入支援サービスで、AVDの導入やクラウドVDIへの移行を総合的にサポートします。

SysTrackは、ITリソースの消費状況やユーザーエクスペリエンスを数値化して管理するワークスペースアナリティクスです。Digital Workplace Planningが提供するサービスでは、SysTrackが効率的なリソースプランや適切なセッション数などを分析することにより、定量的かつ具体的なアセスメントによる移行プランニングが可能になります。たとえば、現行システムの運用環境や利用状況などを把握・分析し、どのような環境を構築するのかを定義しなれければ、ベンダーとの意思疎通に差異が生じ、結果としてコストの高騰や本稼働の遅延につながりかねません。

クラウド環境への移行そのものは非常にシンプルであり、「オンプレ環境から必要なファイルを抽出してクラウドプラットフォームに組み込む」と要約できます。しかし、そこには膨大な作業プロセスとさまざまな移行リスクが潜んでいるため、最適化された移行プランニングが必要といえるでしょう。

Digital Workplace Planningの流れ

Digital Workplace PlanningはSysTrackをオンプレ環境とクラウド環境のどちらに構築するかでスタートの流れが異なります。クラウド版の場合はテナントを作成し、オンプレ版であればマスターサーバーのインストールがスタートラインです。次にアセスメントを行うためのスターターキットを導入します。スターターキットの導入はクラウド版であればLakeside 側で実施し、オンプレ版の場合は自社でのセットアップが必要です。その後はクラウド版・オンプレ版もエージェントを配布し、データの収集・分析を実施します。

Digital Workplace Planningの機能

ここではDigital Workplace Planningが提供する機能の一例を見ていきましょう。たとえば、SysTrackは集約されたデータをもとに自動的にアセスメントレポートを出力するという機能を有しています。それにより、あらゆるエンドポイントから詳細なデータを収集し、その分析結果をもとに移行プランニングやシステムリソースのサイジングを最適化することが可能です。

同時セッション数やVMの稼働時間によって予約VMの購入数と従量課金インスタンスの割合を適切に設定するといった機能も備えています。また、アプリケーションやWebサービスなど、ITリソースの消費状況を可視化し、ユーザーエクスペリエンスを改善・最適化したり、生産性を低下させている阻害要因を明らかにしたりといった分析も可能です。

このようにSysTrackの分析機能を用いて、AVD導入やクラウド移行に関するベストプラクティスを導き出すのがDigital Workplace Planningの特徴です。

まとめ

時代の潮流はクラウドファーストへと加速しており、多くの企業がシステム環境をクラウドに移行しています。しかし、クラウドへの移行にはさまざまなリスクが伴うため、安全かつ確実な移行プランニングが必要です。AVDの導入を検討されている企業は、Lakeside SoftwareのSysTrackによるDigital Workplace Planningを検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの動画では詳しい説明と実際のSysTrackの画面どのように分析できるのかをご紹介しています。