Webサイトやアプリケーションなどのデザインをする上で重要なのが「UI」と「UX」です。ユーザーに選ばれるサービスは、例外なく優れたUIとUXを実装しています。しかし、UIとUXについて漠然と理解してはいるものの、明確な意味についてはわからないという人も多いかもしれません。そこで今回はUIとUXの意味や違いなどについて詳しく解説していきます。

UIとは?

UIとは、ユーザーインターフェイス(User Interface)の略称で、一般的にユーザーとプロダクトをつなぐ接点を意味する言葉です。この言葉の定義は広く、例えばドアノブのデザイン一つとっても「ユーザーが目に触れる」という意味においてはUIに含まれるのです。他方、Webサイトやアプリケーションなどに関して言えば、サービスのデザイン性や操作性を指します。美しいデザインであるというだけでは、ユーザーの心を掴むことはできません。ユーザーの支持を得るためには、快適な操作性や、視認性に優れたレイアウト、知りたい情報に素早くアクセスできる検索性能の高さなど、ユーザーが「使いやすい」と感じられるサービスである必要があります。

優れたUIを実現している企業の事例

優れたUIを実装しているサービスとは、どのようなものなのでしょうか。例えば、世界最大のEC企業であるAmazonを例に考えてみましょう。Amazonがこれほどまでに支持を得る理由は、ほかの追随を許さない豊富な品揃えや、張り巡らされた物流網によるスピーディーな配送などが挙げられます。
しかし、それだけではなく、Amazonが世界一のEC企業にまで成長した要因は、優れたUIにあるとも考えられます。余計な装飾のない無駄を省いたシンプルなサイトデザイン、欲しい情報へと簡単にたどり着ける優れたアクセシビリティ、商品の選択から購入までユーザーを迷わせない導線の設計など、Amazonは「サービスの視認性と操作性」が、ほかのECサイトと比較にならないほど優れています。

UXとは?

UXとは、ユーザーエクスペリエンス(User eXperience)の略称で、プロダクトやサービスを通じて得られるすべてのユーザー体験を意味しています。UXの範囲は先ほど紹介したUIよりもさらに広く、UIを含めたすべての顧客体験を指しており、視認性や操作性を意味するUIはUXに内包される要素の一つです。
ユーザーが求めるWebサイトやアプリケーションを製作するには、UXを意識することが最も重要です。よいプロダクトやサービスであってもユーザーへ届かなければ意味がありません。優れたUIを内包したUXを作り上げることが、競合他社との差別化につながります。

優れたUXを実現している企業の事例

Appleのプロダクトは優れたUXの代名詞と言える存在です。iPhoneやiPad、MacBookなどのApple製品といえば、シンプリシティを追求したデザイン性の高さが最大の特徴。しかし、Appleのプロダクトはただ美しさだけを追求するのではなく、純粋に使うことそのものが楽しいと感じられるユーザー体験を提供しているのです。
Appleの共同創業者であった故スティーブ ジョブズは異常とも言えるほど製品の細部にこだわりを持っていました。彼とAppleが目指したのは、洗練された美しいプロダクトデザインはもちろんのこと、説明書がなくても誰でも簡単に楽しんで使える製品を作ることでした。Appleが理想としているものは、使うことそのものが楽しいと感じられる「ユーザー体験」です。それはAppleのプロダクトを通してしか得ることのできない唯一無二のものだと言えるでしょう。

UIとUXの違いとは?

UIとUXは文字の見た目も語感も似通っており、混同されることが多くあります。しかし、UIとUXには明確な違いがあります。UIは、サービスの扱いやすさを示す言葉です。一方でUXとは、サービスを通じて得られる全体の体験を示す言葉です。
UIとUXの相違点を一言でいえば、UIは「ユーザーとの接点」、UXは「ユーザーの体験」です。高いUXを実装しているプロダクトやサービスは、例外なく優れたUIを備えています。前述のApple製品を例に考えると、iPhoneを所有することによって得られる、楽しさや満足感という感情を与えるのがUXです。そして、UXはiPhoneのデザイン性の高さや優れた操作性というUIによってもたらされています。
つまりUXを高めるためには優れたUIが必要不可欠であり、UIはUXという概念の中に内包されるものなのです。

UI/UXデザインを改善するポイント

UXデザインとは、ユーザー体験を設計することです。ユーザーに選ばれるプロダクトやサービスを作るためには優れたUXデザインが、優れたUXデザインを実現するには優れたUIが必要です。ものがあふれて飽和している現代日本では、機能の利便性や価格だけでは差別化できません。ここではUI/UXデザインを改善するポイントについて解説していきます。

利用者の使用イメージを検証

UI/UXデザインを考える上で大切なのは、ユーザーが使用する場面を徹底的に検証することです。そのプロダクトやサービスを利用するユーザーが現在置かれている状況や悩み、興味や関心などを想像してみましょう。ターゲットとなるユーザーが求めているものは一体何であるのかを明確にしなければ、独りよがりのものになりかねません。
顧客の気持ちを理解する上で、カスタマージャーニーという考え方があります。カスタマージャーニーの特徴は、顧客が商品やサービスを認知してから、購入や利用に至るまでに、どのような行動・思考・感情を経たかを時系列で整理していることです。カスタマージャーニーを考えることで、ユーザーの目線に立ち、ユーザーの求めているものがより明確になるでしょう。

目的を明確に

UI/UXデザインにおいて目的を明確にすることは重要です。自社が提供する商品やサービスは何のために存在しているのか、誰に向けて発信しているのかを明確にすることで、どのようなUI/UXデザインを実装していけばいいのかが明確になります。
あくまでも主役はユーザーです。自社の商品やサービスの存在理由に囚われ、UI/UXをデザインする側の自己満足的なものにならないよう配慮しなければなりません。例えば、Webサイトのデザインにこだわるあまり、視認性が悪かったり、直感的な操作で目的のページまで移動できなかったりといったことがないようにしてください。

ユーザーテストを実施

UI/UXデザインに正解はなく、また一度作ればそれで完結というものでもありません。ユーザーが何を求めているのかを理解する必要するためには、ユーザーテストが効果的です。UXにおけるユーザーテストは行動観察の一種で、製品・サービスにおけるデザインや、コンセプトを検証し、問題点を詳らかにするという目的があります。
具体的な実施方法としては、自社の製品・サービスのターゲットであるユーザーに実際に起こりうるシチュエーション想定して利用してもらいます。その様子を観察することで問題点がないかを探ります。
また、WebアプリケーションであればGoogleが提供している「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」のようなツールを導入して、アクセス解析やヒートマップを用いたユーザーテストも有効です。そうしてテストを重ねて課題や問題点を洗い出し、改善を繰り返す過程の中にUI/UXデザインの最適化へと至る道が見つかるはずです。

「SysTrack」を利用して社内UI/UXの向上を

UIやUXの向上は、自社の商品やサービスを利用するユーザーの利益になります。それだけではなく、制作側が利用する自社のITシステムのUI/UXデザインを高めることも業務の効率化を図る上では重要です。
Lakeside Softwareが提供する「SysTrack(シストラック)」というプラットフォームでは、ITインフラの運用と管理に長けたワークスペースアナリティクスにより、自社システムのUXを可視化することが可能です。サービス自体のクオリティを向上させ、よりよいユーザー体験を実現することに貢献するでしょう。優れたUIとUXを実現するためにもSysTrackの導入を検討してみませんか。

まとめ

UIとは、ユーザーとサービスの接点を意味する言葉であり、サービスのデザイン性や操作性を指します。UXは、サービスを通じて得られるユーザー体験のことを意味します。サービスの価値を高めるには優れたUXデザインが求められ、UXを高める要素の一つとしてUIがあります。UIはユーザーとサービスをつなぐ役割を担う重要な要素です。
ユーザーに選ばれるサービスを作るためには、優れたUIとUXの実装は必須事項です。UIとUXの意味や目的をしっかりと理解し、意識してデザインに反映させましょう。

あわせて読みたい:
SEブログ) ユーザー エクスペリエンス スコアを分析する