ニュースアーカイブトップへ戻る

レイクサイドソフトウェア、オージス総研の働き方改革に向けたVDI環境でのWindows 10移行と運用を支援
従業員のテレワーク環境をSysTrackを使って可視化

2020年05月19日

2020年5月19日 — ワークスペース アナリティクス ソリューション/デジタル エクスペリエンス モニタリングのリーダーであるレイクサイド ソフトウェア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:野原 康裕、以下レイクサイド ソフトウェア)は、株式会社オージス総研(以下、オージス総研)が、働き方改革に向けたテレワーク環境の構築にレイクサイド ソフトウェアの「SysTrack」を導入したことを発表しました。社内システムへのSysTrack導入事例としては、国内初の公開です。

オージス総研は、大阪ガス株式会社の情報システム子会社として設立されました。情報システム子会社として培った知見やノウハウを生かし、システムインテグレーターとして外販ビジネスにも事業領域を拡大しています。

同社は、テレワークなど多様化する働き方が求められる中、2013年よりVDI (Virtual Desktop Infrastructure:デスクトップ仮想化)の本格導入を始め、Windows 7 のサポート終了をきっかけにWindows 10の移行に向けた検討を開始しました。

Windows 10 では大きな仕様変更があり、Windows 7 からそのままアップグレードしただけではVDIとしては使えないという懸念がありました。そこでレイクサイド ソフトウェアが提供する「SysTrack」をVDIのアセスメントツールとして活用し、適切なサイジングの元、2019年12月に1,500ユーザーのVDI環境をWindows 10 に移行し、全社員にテレワーク環境を提供しています。

オージス総研では、新型コロナウイルス感染症対策として政府からのテレワーク推進の呼びかけにも、いち早く対応し利用状況などSysTrackを活用し可視化しています。今後も、ユーザーのアプリケーションの使用状況などを分析し、新らたなIT戦略をSysTrackを活用しながら検討しています。レイクサイド ソフトウェアは、継続的に支援していきます。

利用状況の可視化

こちらの事例の詳細は、下記をご参照ください。
https://www.lakesidesoftware.com/jp/customers/ogis-ri

事例ビデオは、下記をご参照くだい。
https://www.youtube.com/watch?v=pCAYSP1Klc4&t=7s

【Lakeside Softwareについて】

Lakeside Softwareは、ワークスペース アナリティクス ソリューション / デジタル エクスペリエンス モニタリングのリーダーです。主力製品SysTrackを活用することでIT部門はエンドユーザーを起点にユーザーエクスペリエンスのモニタリング、分析、最適化を行います。SysTrackは、ユーザーが直接使用するエンドポイントからユーザー操作とシステム性能のデータを直接収集し、その関連性を分析します。その分析結果が、IT活用の重要な4つの分野である ユーザー エクスペリエンス マネージメント、IT資産の最適化、AIOps、デスクトップトランスフォーメーションの改善をもたらします。
Lakeside Softwareの詳細については、https://www.LakesideSoftware.com/jpをご覧ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

レイクサイド ソフトウェア株式会社
マーケティング 冨永千鶴
TEL: 03-6860-8300   Email: Japan@lakesidesoftware.com