ニュースアーカイブトップへ戻る

Lakeside Newsletter Vol.10

2019年10月31日

Windows Virtual Desktopの移行と運用を強力サポート!

昨年のテクニカルプリビューの公開から注目を浴びているMicrosoft Azure上で新しいサービスのWindows Virtual Desktop (以下WVD) ですが、日本時間10月1日より本格的に提供をスタートしました。
レイクサイド ソフトウェアは、Windows Virtual Desktop(WVD)のvalue added Serviceプロバイダーです。SysTrackは、Azure環境に移行する準備に必要なパフォーマンス監視やユーザーのワークロードがどの程度整っているのかを評価・アセスメントすることができます。そしてAzureでWVDを安定運用するために役立つ利用状況のリソースのモニタリングを可能にします。

Windows-Virtual-Desktop-Assessment

WVDの採用を見極めるための無償ツールです

WVD導入の際のアセスメントについては、 こちらまでお問い合わせください。
「お問い合わせ内容」のところに「WVDについて」と記載をお願いします。

秋のイベント情報

Citrix Future of Work Tour 2019 Tokyo
日程:11月29日(金)ANAインターコンチネンタルホテル東京(溜池山王)
Lakesideは、シルバースポンサーとして協賛します。

16:45からのLakesideセッション(セッション番号「FoWT-19」)では、 「大手金融ファーム様におけるSysTrackを活用したVDI導入と運用管理」と題してCitrix Virtual Desktop導入のアセスメントと運用管理で実際にどのようにSysTrackを活用し安定運用をしているかの導入事例をご紹介いたします。

シトリックス のVDI導入をご検討・ご活用のお客様には必見のセッションです!

ぜひ「 SP005」の招待コードをお使いいただきましてご登録ください。招待コードを入力して事前登録し、当日ご来場いただいたお客様のみが参加できる、豪華景品が当たる抽選会にご参加できます!

Citrix Future of Work Tour

10月公開の最新ブログ

===編集後記===
先日10月11日に開催しました「実践SysTrackセミナー」では、年明けに販売開始を予定しています 最新版SysTrack 9.0 と実際のトラブルシューティング事例中心にご紹介しました。台風直撃の前日と天候が心配されましたが多くのお客様にご参加いただくことができました。
SysTrack 9.0で機能強化されたAIOpsの拡張と多彩なアプローチで修復できる新しいアクションモデルを中心にご紹介し、これからのユーザー目線のエンドポイント管理のあり方をご紹介しました。
事例のセッションでは、様々なトラブルをケースごとにSysTrackでどのようにモニタリングし見えているのか、またユーザーの生産性に影響を与える問題の診断、早期解決のポイントについて解説しました。
足元の悪い中ご参加いただきまして誠にありがとうございました。

こちらのセミナーでご紹介した内容にご興味ございましたら、お気軽にお問い合わせください。 japan@lakesidesoftware.com
(マーケティング:冨永)

最後までご覧いただきましてありがとうございました。
次回の"Lakeside Newsletter"もお楽しみに!
レイクサイド ソフトウェアのfacebookページは こちら
レイクサイド ソフトウェアのfacebookページ