ニュースアーカイブトップへ戻る

Lakeside Software、米フォレスター・リサーチ社の調査レポート「End-User Experience Management」でリーダーポジションに認定

2020年12月16日

当資料は、2020年10月2日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳版です
Lakeside Software Named a Leader in End-User Experience Management

2020年12月16日 - デジタル エクスペリエンス モニタリング ソフトウェアのグローバルリーダーであるLakeside Softwareは、米フォレスター・リサーチ社の調査レポート 「The Forrester New Wave™:End-User Experience Management(2020年第4四半期)」で、この分野におけるリーダーポジションに認定されました。今回のレポートで評価されている、EUEMのベンダー11社を10の基準で評価。Lakesideは、テレメトリ収集、定性的フィードバック、サードパーティとのインテグレーション、およびロードマップ基準で差別化されていると高評価され、現在のオファリングカテゴリで最高のスコアを獲得しました。

LakesideのSysTrackプラットフォームは、広範なデータ収集と従業員の感覚およびAIを活用した洞察を組み合わせた包括的なエンドポイント モニタリング ソリューションであり、組織がITコストを最適化しながら従業員のエクスペリエンスと生産性の向上に寄与します。 米フォレスター・リサーチ社のレポートによると、Lakesideは「大量のエクスペリエンスデータを収集。 Lakesideのクライアント側の「センサー」は7,000以上の指標を収集し、機械学習を利用してクラウドに送信するデータに優先順位を付け、最も関連性の高いIT管理者に提示します。」と評価を受けています。

レポートでは、「Lakesideは業界のどの企業よりも、はるかに多いデータポイントを収集し分析しています。」 とSysTrackのユーザー企業がコメントしています。

「このNew Waveのリーダーポジションに評価をいただけたことは、お客様やパートナーが私たちに語ったことを裏付けていると信じています。つまり、テクノロジーの重大な障害をすばやく特定し解決する能力は、生産性を解き放ち、IT効率を高めるための画期的なものです。」 とLakeside Software のCEOであるMike Schumacherはコメントしています。  「またこの領域は、従業員のエクスペリエンスの向上がビジネスの成功に欠かせない要素となっているという意識の高まりであると考えています。特に、業務形態がリモートワークへ移行していく中で、従来のワークフローが通用しなくなったり、業務が行われる場所としてのエンドポイントの重要性が増している状況ではなおさらです。私たちの観点から、フォレスター社の認識は、組織が従業員のIT利用状況をより深く理解ことで安定したITサービスが提供できるというLakesideの理念をサポートしています。それは、どのデバイスからでも、どこからでも優れたITエクスペリエンスを提供します。実際のユーザーデータを使用してITプロジェクトの計画とその検証を可能にするとともに、予防的なトラブル検知の手法を通じてサービスデスクのプロセスを強化するということです。」

また米フォレスター・リサーチ社は、Lakesideは「VDI環境に最適であり、優れたリソース利用機能により顧客はデスクトップの変革にLakesideを頻繁に使用しています。 Citrix、Microsoft、Nutanix、VMware製品との利用は特別な設定なしで利用できます。」と評価しています。

Schumacherによると、リモートワークの時代では、完全なVDIサポートがこれまで以上に重要になってきています。「仮想デスクトップとアプリケーションは、多くの組織にとって従業員が自宅で安全に業務ができるようになるための重要なソリューションです。私たちは、お客様もパートナーもともに同様にVDI環境の適切なサイジングを行い、変革を成功させるために信頼されるツールであると証明されたことに大きな誇りを持っています。」

米フォレスター・リサーチ社の「Forrester New Wave™:End-User Experience Management(2020年第4四半期)」の日本語翻訳版のダウンロードはこちらから>

掲載されている社名、商品名はそれぞれの所有者の登録商標または商標です。

【Lakeside Softwareについて】

Lakeside Softwareは、ワークスペース アナリティクス ソリューション / デジタル エクスペリエンス モニタリングのリーダーです。主力製品SysTrackを活用することでIT部門はエンドユーザーを起点にユーザーエクスペリエンスのモニタリング、分析、最適化を行います。SysTrackは、ユーザーが直接使用するエンドポイントからユーザー操作とシステム性能のデータを直接収集し、その関連性を分析します。その分析結果が、IT活用の重要な4つの分野である ユーザー エクスペリエンス マネージメント、IT資産の最適化、AIOps、デスクトップトランスフォーメーションの改善をもたらします。
Lakeside Softwareの詳細については、https://www.LakesideSoftware.com/jpをご覧ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

Lakeside Software Japan株式会社
マーケティング 冨永千鶴
TEL: 03-4099-4924   Email: Japan@lakesidesoftware.com