Solution Brief

SysTrack でJava の利⽤状況を追跡

2019 年よりJava Standard Edition(SE)ライセンスの扱いが⼤きく変更になります
現時点でのJava の利⽤状況とJava のライセンス形態の変更によって⽣じる影響の度合いを正確に把握するためには、4項目の把握が重要になります。

  • どこでJava が使⽤されているか、どこにJava がインストールされているか
  • インストールされているJava のバージョンは何か
  • Java をコールしているアプリケーションは何か
  • アプリケーションごとのユーザー数はどのような内訳になっているか

これらの問いに答えるためには、環境内にあるすべてのエンドポイントの状態を詳細に把握し、アプリケーションを監視し、ライセンスの利⽤状況を管理しなければなりません。

このホワイトペーパーでは、Java の利⽤状況を把握し、2019 年に実施されるJava のライセンス形態の変更によって⽣じる影響度合いを判断する方法を説明します。

 

 

 

 

ダウンロード