Solution Brief

SysTrack スターターキット
デスクトップアセスメント

物理PCを仮想デスクトップへ移行したり、既存の仮想デスクトップを更改して新環境へ移行したり、デスクトップ環境に大きな変更を加える場合、先ず既存の環境がどのように稼働しているのか、その状態がどの程度ユーザーの使用感や生産性を担保していたのかを調べる必要があります。
これを「現行環境のアセスメント」と呼びます。

アセスメントで最も手間がかかるのが「データの収集」です。個々のデスクトップはどのような仕様になっているのか、どのデスクトップ、どのユーザーが大きなリソースを使われているのか、あまりリソースが使われていないデスクトップはどれか、ユーザーは誰か。どのアプリケーションが大きなリソースを必要としているのか。ユーザーの使用感、生産性はどのレベルか。何が原因で損なわれているのか。これらの情報は、新しい環境を企画する際にはもちろん必要ですが、移行後にも同様の調査委を行い、移行前と比較することも非常な重要な検証作業になります。

但し、少ないサンプルを調べても真実は分かりませんし、対象を多くするとコストがかかりすぎて実施できなくなってしまいます。

SysTrackは調査対象のデスクトップにエージェントを展開し、2週間から1ヵ月待つだけで必要なデータを網羅したレポートを自動生成しますので、データ収集やデータ整理に関するコストを大幅に削減することができます。

 

 

 

 

 

ダウンロード