White Paper

アプリケーション仮想化計画

アプリケーション仮想化は、アプリケーションをオペレーティングシステムから分離することにより、アプリケーションの互換性問題を解消し、ソフトウェアの導入や管理を容易にします。

アプリケーション仮想化では、アプリケーションをカプセル化し、各アプリケーションを互いに分離およびオペレーティングシステムから分離することにより、アプリケーションのユーザーへの配信を大幅に簡素化できるほか、柔軟性を高め、ヘルプデスク費用を削減することができます。