ソリューション

IT資産の最適化とコスト削減

IT資産の価値を最大限高める

チャレンジ

企業のIT資産は増え続けており、その資産の価値を最適化することは益々難しくなっています。しかし、業務フロー全体の最適化のために新たなITソリューションを導入していることも事実です。残念ながら多くの場合、IT投資に対して従業員ニーズとのズレが生じています。従業員のニーズに合わせてITソリューションのコストを最適化するためには、インストール/購入されたITリソースと実際に従業員が利用しているITリソースを正確に把握することが重要です。

SysTrackソリューション

SysTrackは、エンドポイントの全域にわたる状態を詳細に可視化および数値化します。たとえば、アプリケーションの使用率、ライセンス、ハードウェア パフォーマンス、プロトコル トラフィック、バックエンドサーバーの自動検知、分析など、さまざまなものを可視化して分析します。その結果、お客様は、自社のIT環境や、従業員の生産性を向上させるために必要なものを正確に把握できるにようになります。SysTrackのカスタム推奨機能によって、未使用のライセンス、容量を使い切ったストレージ、ほとんど使用されないアプリケーションなどの無駄を再評価したり、目的を見直したりすることができます。

自社の環境にどんなアプリケーションがあり、そのバージョンやライセンスはどうなっているのか、どれが実際にどのように使用されているかを把握

ユーザーが実際に使用している状況とワークスタイルに基づいて、エンドポイントデバイスの適切な種類と仕様を特定

ハードウェア/エンドポイントの最適な更新時期を特定

ネットワーク上の全サーバー/デスクトップを把握

ハードウェアアップグレード、更新、Windows 10、VDIなどの導入のためのアセスメント

障害やパフォーマンス劣化に関する問題の根本原因の特定

IT/サービス事業者のSLAの明確化

IT資産最適化のユースケース

アプリケーションのライセンス利用状況の管理

コスト削減の取り組みからソフトウェア監査まで、多くの要因によって、アプリケーションライセンスの利用状況管理に対する要望は高まっています。SysTrackは、独自の方式でエンドポイントデータをモニタリングして分析し、ライセンスの使用状況や状態を正確に提示します。その結果、情報システム部門は、実際の使用状況やニーズに基づいて、効率的にアプリケーションのライセンスを管理できるようになります。

Solution Brief
Monitoring and Management for Desktops and Servers(英語)

ニーズに基づく調達

 “自社のテクノロジーは、現場のニーズにあっているのだろうか?”という疑問に対して、情報システム部門は常に課題として捉えています。新たなテクノロジーを導入しても不要なアプリケーション、ライセンス、処理能力、ストレージ容量が積み重なるだけ、というのが実態かもしれません。SysTrackのニーズベースの調達機能を利用すれば、企業や組織は、物理/仮想デスクトップに搭載されているすべてのITリソースの使用状況をトラッキングできます。この機能によって、IT調達が最適化され、経験値や勘ではなく、実際のビジネスニーズに基づいた継続的なITメンテナンスが可能になります。

IT/サービス事業者のサービスレベルの厳守

SLAは製品やサービスを導入する際に明確な合意であるはずです。しかし、情報システム部門は「問題が発生した場合、誰がそれを解決できるのか?」、「SaaSの問題の根本原因は何なのか?」といった疑問に答えを出せないでいます。同様に、サービス提供者側も最初に設定した達成すべき要件を詳しく調べることに課題を抱えています。SysTrackは、特定のSLAに関して、稼働時間と非稼働時間をモニタリングするだけでなく、もっとも重要なユーザーの生産性に対する影響も定量化します。非稼働時間がSysTrackで特定されると、情報システム部門は、SysTrackを使用して効率よく問題を解決し、生産的な活動ができない時間を最小限に抑えることができます。

White Paper
Successful DaaS Implementations for Citrix Service Providers(英語)

SysTrackをはじめませんか?