ソリューション

デスクトップ トランスフォーメーション

従業員にエクスペリエンスの優れたワークスペースを提供

チャレンジ

企業や組織は、3年から5年周期でデスクトップ環境を大きく更新します。新たなデスクトップ環境では、新しい機能を利用しながら同時にコストを削減し、生産性の向上を目指します。従業員が日々の業務で利用するデスクトップ環境は、働き方に大きな影響を与えますが、デスクトップ環境の移行は、煩雑かつ繊細な作業であるため大きな課題でもあるでしょう。Lakesideが提供するワークスペース分析ソリューションは、従業員の生産性を左右する潜在的な影響を考慮して、デスクトップ移行プロジェクトを評価し、成功へと導きます。また、移行後の働き方を把握するための包括的なフレームワークを提供するため、情報システム部門のプロジェクトを強力に支援します。

SysTrackソリューション

従業員の生産性を阻害せずに、新しいデスクトップ環境に移行するには、現在の利用状況を正確に把握することが重要です。SysTrackを活用すれば、現在ご利用中のシステムに影響を与えることなく従業員の働き方に関するデータを効率的に収集することが可能です。また、エンドポイントのデータを分析することで正確な情報に基づいたインサイトを取得できます。さらに、新たなデスクトップ環境へ移行すべきユーザーの特定や、現状の環境を鑑みて最も適するソリューションの理解など、デスクトップ移行プロジェクトの詳細な助言が得られます。SysTrackは、情報システム部門の作業を大幅に削減しながら、従業員の生産性を同時に向上させるソリューションです。

従業員のニーズに即したデスクトップ環境の提供

移行に対する投資対効果を最大化

実際のユーザーデータを用いてベンダー提案を評価

移行の際の悩みを解消

ユーザエクスペリエンスを数値化し状態を追跡

移行設計から実装、管理にいたるデスクトップ移行プロジェクト全体をサポート

デスクトップトランスフォーメーションのユースケース

デスクトップおよびアプリケーション仮想化

デスクトップ仮想化、アプリケーション仮想化プロジェクトの成功は、ご利用中のワークスペースの正確な利用状況を把握することから始まります。SysTrackは、従業員が利用しているアプリケーションやサービスを特定して評価します。利用方法の詳細データやリソース消費量などを測定し、移行計画を支援します。また、SysTrackは、仮想デスクトップや仮想アプリケーション、ターミナルサーバー、仮想マシン構成など、新しいワークスペースのサイジングも行います。

White Paper
デスクトップの仮想化計画

Windows 10マイグレーション

Windows 10への移行には、SysTrackは効率的なソリューションです。SysTrackは、既存のプロジェクト管理ツールを補完します。リアルタイムでプロジェクトを監視し、監査するためプロジェクトの進行を正しい道へ導きます。プロジェクトの進行中に既存のユーザーへ影響を与えることはありません。また、SysTrackは問題が発生する前に未然に防ぐことにも効果を発揮します。Windows 10移行プロジェクトのためにSysTrackは、意思決定に必要な正確な情報を取得できるため時間やコストを大幅に削減します。

Office 365およびクラウドサービスの提供

従業員は業務を遂行するためにアプリケーションを活用します。そのため、どの従業員がどのアプリケーションを利用しているのかを把握することは、戦略的にITリソースを提供する企業にとって重要なことです。Office 365の場合、すべての従業員に最適なユーザーエクスペリエンスを提供するためにはユーザーのニーズを理解することが重要です。SysTrackを利用すれば、ペルソナをライセンスと一致させることが容易になるだけでなく、SaaSアプリケーションのパフォーマンスに関する問題を監視し解決することができます。

デスクトップ移行は完了したら終わりではありません

デスクトップトランスフォーメーションは、新しい環境への移行が済んだら終わりというものではありません。ITライフサイクルの連続的な活動の一部として捉えるべきでしょう。わたしたちが提唱する方法を活用すれば、情報システム部門は、その作業が全体に与える影響を正確に把握しながらユーザーのワークスペースを改善することが可能です。

ステップ 1

デスクトップ環境からリアルタイムデータを収集

ステップ 2

データを分析し状況を把握

ステップ 3

最良の移行計画を策定

ステップ 4

デスクトップを移行

SysTrackをはじめませんか?