ソリューション

ユーザー エクスペリエンス モニタリング

優れたユーザーエクスペリエンスでビジネスの生産性向上

チャレンジ

今日の従業員の働き方は多様化しており、様々なインターフェイスとロケーションをから企業データにアクセスします。全ては、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えます。情報システム部門は、その膨大な数のテクノロジーとビジネスの過程を、従業員がどのように利用しているのかを把握するためには、詳細な情報をまとめるための統合データが必要不可欠です。

SysTrackソリューション

SysTrack は、生産性向上のために従業員のIT環境を最適化するための詳細な情報を提供します。ユーザーエクスペリエンスに影響を与える要素を監視、分析し、そのユーザーエクスペリエンスをスコア化します。さらに、IT環境の計画や展開、そして、最適化を実現するために必要な情報も提供します。

ユーザーエクスペリエンスに影響を与える要素とそのシステムとの関係性を把握

リアルタイムに健全性と稼働状況を把握

生産性に影響を与える従業員の問題を診断して解決

問題の原因追求と回避策のための
履歴分析

アプリケーションパフォーマンスとリソース利用状況を監視

低パフォーマンスのITリソースを
特定し診断

キャパシティの変動を把握し数値化

ユーザー エクスペリエンス モニタリングのユースケース

ペルソナ

情報システム部門は、必要のないコストを発生させることなく従業員の生産性を最大化させるための作業を常に強いられています。SysTrack ペルソナフレームワークは、多様なユーザーの要求に対して、絶え間なく最適化させるために適切なエンドポイント、アプリケーション、展開をサポートします。

White Paper
Using SysTrack to Automate the Development and Management of Enterprise Personas(英語)

プロアクティブなサポート

今日の情報システム部門が求められる要素は、従業員が仕事を続けられるようにすることだけではありません。従業員を満足させ、生産的に業務ができる状態を作り出すことも求められる要素です。SysTrackは、サービスデスクへのリクエストとユーザーエクスペリエンスのスコアを連動させます。これにより特定の基準値を越えた時の優先的な警告の設定などを行うことで従業員が問題に直面する前に、事前に問題を特定し解決させることが可能になります。

ステップ 1

ユーザーエクスペリエンスが低下

ステップ 2

SysTrack が警告で知らせる

ステップ 3

警告を分析

ステップ 4

IT が問題を解決し、
SysTrackがITの処置を繰り返す

ITコストの適正化

今日のデジタル社会において、企業は柔軟かつ素早く環境の変化に対応する必要があります。このような状況から、情報システム部門は、IT投資と運用コストのバランスを常に考える理由になっています。SysTrackは、企業内に設定されているITリソースやその利用、従業員のニーズを分析します。これによりIT投資と生産性の関連性を把握できるため、ニーズに基づいたハードウェアやソフトウェアの調達が可能になります。

SysTrackをはじめませんか?