昨年のテクニカルプリビューの公開から注目を浴びているMicrosoft Azure上で新しいサービスのWindows Virtual Desktop (以下WVD) ですが、日本時間10月1日より本格的に提供をスタートしました。
WVDとはいわゆる、VDI(仮装デスクトップ)をクラウドで提供するDaaS(Desktop as a Service)に分類されるサービスです。Microsoft Azureを活用したVDI構築といえば、Citrix Virtual Desktop や VMware Horizenが一般的でしたが、WVDはMicrosoft が提供するVDIサービスとして注目を集めています。本稿では、新しいVDIサービスの選択肢として注目のWVDについて、その概要をご紹介します。気になる方は、ぜひご一読ください。

Windows Virtual Desktop (WVD)とは?

WVDを理解するために、まずはDaaSについてご説明します。DaaSとは「デスクトップ環境をクラウドで提供するサービス」であり、Desktop as a Serviceは「サービスとしてのデスクトップ」を意味しています。

デスクトップは「パソコン環境」だと考えてください。WindowsなどのOSやパソコンを操作するためのドライバ、様々なアプリケーションなどそれらを総合してデスクトップと表現します。

通常、業務で使用するデスクトップ環境というのは個々の手元のパソコンにインストールされており、当該パソコン上ですべてを管理します。しかし、それでは運用管理が非効率であったり、昨今のモバイルワークでは情報漏洩が心配であったり、ということで開発されたのがVDIです。VDIは個々のパソコンにインストールされているデスクトップ環境をサーバー側に集約して、統合的に管理するための基盤です。

サーバー上に必要な数の仮想マシンを割り当ててWindowsデスクトップOSを設定します。ユーザーは手元にあるパソコンから仮想的に構築されたデスクトップ環境を利用する、というわけです。

DaaSはこのVDIをサービスとして提供されるものです。VDIを構築するには、接続先の仮想マシン作成だけでなく、ユーザーからのアクセスを受け付けるデートウェイや、ブローカーなどの管理コンポーネントを用意する必要があり、これらの調達、設置、運用には多くの手間がかかります。一方、DaaSであれば、管理コンポーネントのほとんどをクラウドベンダーが管理しているので、煩雑は調達や設置、運用の手間を省けるのが利点です。

WVDとはこのDaaSをMicrosoftが提供しているサービスであり、他社にはない特徴が多数用意されています。

Windows Virtual Desktop (WVD)の特徴

では、WVDは他社のVDIに比べてどのような特徴があるのでしょうか?気になる点をご紹介します。

Windows 10マルチセッション接続

WVDはWindows 10のマルチセッション接続に対応しているのが最大の特徴です。Windows 10などのOSでVDIを構築する場合、ユーザーごとに仮想マシンを割り当てる必要があります。一方、WVDのマルチセッション接続対応のWindows 10を使用すれば、1台の仮想マシンで複数のユーザーのVDI環境を構築できます。仮想マシンのリソースを共有できるため、コスト削減が期待できます。

Windows 7の延命サポート

WVDはWindows 7のクラウドでのホスティングとサポートを唯一提供するサービスです。WVDにホストされたWindows 7に関しては、「ESU(Extended Security Updates:拡張セキュリティ更新プログラム)」が無料で提供され、Windows 7の延長サポート期限が終了する2020年1月14日移行も、3年間セキュリティ更新プログラムの提供受けることが可能です。延長サポート期限終了に焦っていた企業の、延命措置としても機能します。どうしてもWindows 7を使い続けたい場合にはWVDの検討が不可欠と言えるでしょう。

WVD利用に必要な要件

WVDを利用するには、以下いずれかの利用ユーザー分のサブスクリプションが必要になります。詳しくは、日本マイクロソフト社のWVDページをご確認ください。

  • Microsoft 365 E3/E5/A3/A5/F1/Business
  • Windows 10 E3/E5/A3/A5
  • ユーザーあたり Windows 10 VDA

さらに、WVDセッションホストになる仮想マシンを構築するためのクラウド基盤も必要であり、利用できるのはMicrosoft Azureのみになります。そのため、Microsoft Azureを利用するためのサブスクリプションも必要です。

WVDを利用するための料金

WVDの料金に関しては、まず上記のMicrosoft 365またはWindowsのサブスクリプションをお持ちの場合、追加コストなしでWindows 10 EnterpriseおよびWindows 7 Enterpriseのデスクトップとアプリに接続できます。ただし、前述のようにMicrosoft Azureのサブスクリプションが必要になるため、Azure側での追加コストが発生します。料金詳細に関しましては、WVDページをご確認ください。

Windows Virtual Desktop (WVD)を検討しよう!

いかがでしょうか?VDIを構築する選択肢は、WVDの登場で大きく広がりました。VDIは今やあらゆるビジネスで活用されるものとなりました。ただし、WVDで問題なく動作するのかなど不安があることも確かでしょう。
Lakeside SoftwareはWVDのvalue added Serivce プロバイダーです。SysTrackでは、パフォーマンス監視や、ユーザーのワークロードがAzure環境に移行する準備がどの程度整っているのかを評価・アセスメントすることができます。

Windows Virtual Desktop アセスメント

Windows Virtual Desktop 移⾏ガイドはこちら

また、アセスメントWVDだけではなく移行後の運用をSysTrackが協力にサポートします。

SysTrackは、パフォーマンスの追跡や、移行に最適なワークロードの特定を通じて、高品位なエンドユーザーエクスペリエンスを実現します。IT資産のサイジングを最適化し、ユーザー環境を継続的に監視して、WVDの利用価値を高めます。

レイクサイドが実現する、Windows Virtual Desktopのためのデジタル エクスペリエンス モニタリング

あわせて読みたい:
SEブログ)Windows Virtual Desktop に興味がある方へ